大掃除を1日で効率よく済ませる方法|スケジュール管理やコツを伝授します!

大掃除 1日で 生活

大掃除を1日で効率よく済ませる方法

 

年末の大掃除を1日で効率よく出来たら主婦は助かりますよね~。

 

朝は子供たちを送り出す準備に追われ、昼間はパート、そして帰ってきたらご飯の準備に子供たちの宿題や明日の準備などバタバタして1日が終わっていく…という主婦の方はとても多いのではないでしょうか。

 

1日があっという間に終わってしまう主婦の方は、日々のことをこなすことに精一杯でなかなか掃除にまで手が回りませんが、それでも家は汚くなるため、休みの日を使って大掃除をしているということが多いようです。

 

そこで今回は、大掃除を休日の1日で済ませたいという主婦の方のために、効率よく大掃除を1日で終わらせる方法、スケジュール管理やコツといった役立つ情報を紹介していきます。

 

<スポンサーリンク>

 

大掃除を1日で効率よく済ませる方法

 

大掃除を1日で効率よく済ませる方法

 

大掃除を1日で済ませるということは、効率よくこなさないとなかなか難しいため、まずは注意ポイントをご紹介します。

 

 

・掃除のみに集中する

 

 

音楽を聞きながら大掃除、していませんか?まさかテレビを付けて大掃除…なんて人は居ませんよね!?

 

音楽を聞きながら、テレビを見ながら掃除をするとつい手が止まってしまいがちですので、大掃除をするときはそれらを消して集中するようにしましょう。

 

 

・掃除をする順番を決めておく

 

スケジュールをしっかり立てておかないとだらだらしてしまい、1日で済ますはずが終わらなくなってしまう可能性がありますので、効率よく1日で済ましたいのであれば、掃除する順番を決めておくようにしましょう。

 

スケジュールの立て方については、次の見出しでしっかり紹介していきますのでチェックして下さい。

 

 

・便利なお掃除グッズを活用する

 

便利なお掃除グッズを積極的に使うようにしていきましょう。

 

ホームセンターやドラックストアではもちろん、今では100円ショップでも数多く販売されている便利なお掃除グッズを使って掃除をすることで、掃除の時間を短縮させることができます。

 

大掃除の前に用意しておくといいでしょう。

 

掃除におすすめの便利グッズはどういったものがあるのか、こちらも後程紹介していきます。

 

大掃除を1日で済ませるためのスケジュールの立て方

 

大掃除を1日で済ませるためのスケジュールの立て方

 

先ほど紹介しましたが、大掃除を1日で効率よく済ませたいと考えているのであれば、スケジュールをしっかり立てることをおすすめします。

 

今回は掃除を朝の9時からスタートさせるという仮定で紹介していきます。

 

 

・9:00~ 布団、カーペットなど干せるものは干す(所要時間約30分)

 

最初にすることは、布団やカーペットなど床に敷いているものを全て干すことです。

 

大掃除を決行する日は恐らく天気が良い日でしょう。(雨の日に大掃除はしないですよね)

ベランダに布団などを干す場合は、まずベランダの掃除から始めて下さい。

 

ベランダ掃除、布団やカーペットを干す時間を合わせて30分とここではしておきます。

 

 

・9:30~ 寝室掃除(所有時間30分)

 

布団を干したら寝室の掃除をしていきましょう。

 

部屋の掃除をするときの基本ですが、上から下へと掃除を行っていくようにして下さい。

上とは天井のことです。

 

まず天井のほこりを取っていくようにし、そのあとにホウキや掃除機を使って床に落ちているゴミやほこりをきれいにしていきます。

 

普段の掃除だと掃除機で終了ですが、大掃除なので雑巾がけまでしておきましょう。

 

寝室が畳の場合、濡れた雑巾で拭くのはNGですので乾拭きするようにして下さい。

 

 

・10:00~ キッチン掃除(所有時間1時間30分)

 

大掃除のメインともなるキッチン掃除は、掃除に慣れた頃に行うようにしましょう。

 

最初にすることは、換気扇やコンロのパーツを外し、洗剤を薄めたお湯につけ置きすることです。つけ置きすることで汚れを浮かせ、きれいにしていくことができます。

つけ置き時間は30分くらい必要ですので、その間にコンロ周りや床などをきれいにしていき、その後つけ置きしておいた換気扇やコンロのパーツをきれいに磨いていきます。

 

最後にシンクの掃除を行い、冷蔵庫の中身の整理、拭き掃除などを行っていきます。

 

 

~お昼休憩(1時間)~

 

・12:30~ バスルーム(所有時間1時間)

 

バスルームを掃除するときには、シャンプーや石鹸などを全てお風呂場の外へ出して下さい。

 

バスルームを掃除するときにも、上から下へ、が基本です。

 

お風呂は天井付近にカビが生えることがありますので、しっかり洗剤を使ってきれいにし、その次に壁、床の順番で磨いていって下さい。

 

天井や床をきれいにしたら、浴室内もしっかり磨いてきれいにしていきます。

 

バスルームをきれいに磨き終えてからシャンプーや石鹸を中に入れていくのですが、シャンプーボトルは下がヌメヌメしていることが多いので、戻すたびに一つずつきれいにしていって下さい。

 

 

・13:30~ トイレ掃除(所有時間30分)

 

トイレの大掃除では、まず壁や床をきれいに拭いていきます。

 

実はトイレは、男性の立ちションによりおしっこが飛んだり、蓋を閉めずに水を流すことで水が跳ねたりといったことで床や壁が汚くなるので、きれいにする必要があるのです。

 

終わった後に便器をきれいに磨き、サニタリー用品入れやトイレブラシのケースといったところもきれいにしていくようにしましょう。

 

大掃除を1日で済ますためには、しっかり休むことも大切です。お昼ご飯を食べてゆっくりして、午後からも大掃除を頑張りましょう!

 

 

・14:00~ リビングの掃除(所要時間1時間)

 

リビングの掃除はお昼ご飯を食べてから行うことをおすすめします。

 

リビング掃除でまず行うこと、それは断捨離です。意外に時間がかかり、またやり始めると長くなるため、30分と時間を決めておこないましょう。

 

引き出しなどの断捨離をすると時間が足りなくなるため、サイドボードの上など目につくところ、いつも荷物をポンポンおくようなところの断捨離をするようにして下さい。

 

そしてリビングの掃除も上(天井)から掃除を行っていきます。ソファーにほこりがつくのが嫌という方は、カバーをかけておくことをおすすめします。

 

天井、壁(窓)、床をきれいに掃除していき、雑巾がけも行うようにしましょう。

 

机の足、椅子など子供が居るとベタベタしがちなところを拭くことを忘れずに。

 

 

・15:00~ 玄関(所有時間30分)

 

最後にするのは玄関です。掃き掃除、拭き掃除、靴箱の整理などをしていきます。

 

ここで紹介したスケジュールはあくまで仮のスケジュールです。自分でスケジュールをどう立てたらいいのか分からないという方は、参考にしていただくといいかなと思います。

 

<スポンサーリンク>

 

大掃除を1日で済ませるための便利グッズ

 

大掃除を1日で済ませるための便利グッズ

 

最後に、大掃除を1日で済ませるための便利グッズを紹介していきます。

 

 

・電動お掃除ブラシ

 

電動のお掃除ブラシがあれば、ガスコンロ、シンク、焦げ付いたフライパンなどをきれいに掃除することができます。

 

スーパーソニックスラバーは、なんとブラシが毎分8,000回反復回転するそうで、これさえあれば頑固な汚れもすぐに落とすことができるでしょう。

 

 

・洗剤のいらないふきん

 

電子レンジや冷蔵庫など洗剤を付けたくないところの掃除におすすめしたい便利グッズです。

拭き取った油を水洗いで落とすことができるのも魅力となっています。

 

 

・あっちこっちおそうじ手袋

 

電気コードなど掃除しにくいところでも手さえ入ればきれいに掃除することが可能です。

 

小物の掃除に便利なので、リビングで特に活躍してくれるアイテムであると言えるでしょう。

 

 

・はたき

 

天井など高いところを掃除するのに便利なグッズといえば、はたきです。天井や高いところに使用するため、持ち手が長いはたきを使用することをおすすめします。

 

 

このようにたくさんの便利グッズがありますので、購入して使用してみて下さい。

まとめ

 

普段なかなかしっかりと掃除をすることができない主婦の方におすすめしたい、1日で掃除を済ますことができる方法、そして効率よく大掃除できるようなスケジュールの立て方もご紹介しました。

 

おすすめの便利グッズはホームセンターで購入できるものもありますが、これが欲しいと決めているのであれば、Amazonでの購入をおすすめします。

 

効率よく1日で大掃除を済ますことができるよう、頑張って下さいね!

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました