2018年のチェスターコートでレディースに人気の色と選び方

チェスターコート レディース 人気 レディースファッション

チェスターコートでレディースに人気の色と選び方

 

チェスターコートとは、コートの丈が膝くらいまでのスーツに似たシルエットのコートです。

 

チェスターという呼び方の由来は諸説ありますが、チェスター伯爵が最初に着たからというのが主流のようです。

 

2018年もチェスターコートに人気が集まりそうですが、人気の色や選び方についてご紹介します。

 

 

2018年のレディースチェスターコートで人気色はコレ

 

2018年のレディースチェスターコートで人気色はコレ

 

チェスターコートはシルエットがスーツに似ていて正装のコートなので、ビジネスシーンの通勤着としても、結婚式などのフォーマルなシーンでも着用できます。

 

もともとはメンズのコートですので、パンツスタイルはもちろん、スカートやワンピースにも合い、シーンも合わせる服も選ばないとても重宝するコートです。

 

チェスターコートはどれもデザインに大きな違いはなく、フロントを開けたまま着ますので、コート自体の形よりは、手持ちの服の色やテイストと合うかが重要になります。

 

色別の選び方をご紹介しましょう。

 

どんな服でも合わせられますので、一着で着回しをしたい方向けです。

手持ちの服に黒が少なく、白い服が多い方にぴったりです。

 

2018年の流行色は青系とも言われていますので、迷ったら紺をお勧めします。

どんな色のインナーでも合わせやすいです。

 

キャメル

どんな色の服でも、きちんとまとまるおすすめの色です。

インナーを淡い色にすると可愛らしいイメージになりますし、赤などハッキリした色も受け止めてくれます。

 

グレー

小柄な女性が黒を着ると重いイメージになってしまうことがありますが、グレーならそんな心配もいりません。

スーツの上に着ても、ニットなどのカジュアルな服にも合います。

 

ベージュ

インナーの服を淡いトーンにしてしまうと、ぼんやりした印象になってしまいますので、コーディネートに自信のある方や上級者向けです。

 

 

レディースチェスターコートの選び方

 

レディースチェスターコートの選び方

 

チェスターコートはすらっとしたシルエットのコートなので、モデルのように背の高くてスリムな方は難なく着こなせますが、そのような方はそう多くはありません。

 

そこでポイントとなるのが、膝丈程度の長さのコートを選ぶことです。

<スポンサーリンク>

 

小柄な女性は、丈の長いコートを着ているとモッサリした垢ぬけないイメージになってしまいますが、膝丈を選べば、インナーにミニスカートを合わせると大人可愛い感じになりますし、ロングスカートでもロングパンツでもバランスが良くなります。

 

また、チェスターコートはフロントを開けたまま着ますので、風に揺れるくらいの丈のほうが軽やかに見えます。

 

そのほか、ぽっちゃりした体型の人はストレートのシルエットのチェスターコートを選びましょう。

 

白やベージュなどの淡い色はぼんやりした印象を受けるため余計にぽっちゃりして見えますので、紺やキャメルなどを選ぶと良いでしょう。

 

可愛らしい顔立ちのために子供っぽく見られてしまう方は、大き目な襟がついていたり、チェック柄やブルーなど、インパクトのあるデザインや色柄のものを選んだりするのがおすすめです。

 

ちょっとした違いで印象が大きく変わるので、試着してから購入してくださいね。

 

女性のファッションは女性の方がわかりますので、出来れば、購入する時は女友達と一緒にお店に行くのがおすすめです。

 

 

レディースチェスターコートのコーディネートのポイント

 

レディースチェスターコートのコーディネートのポイント

 

チェスターコートの色に合わせたコーディネートをご紹介しましょう。

 

インナーを白など明るい色にするのがおすすめです。

白いニットなら白いパンツとチェスターコートで大人っぽい感じになりますし、ボトムをジーンズにするとお休みの日などカジュアルなシーンにぴったりになります。

スカートを合わせる場合、ロングスカートだと重い印象になってしまうので、ミニ丈をチョイスします。

 

紺のスーツに紺のチェスターコートを着てしまうと就活の学生みたいになってしまいますので、スーツの中のブラウスをストライプ柄にするなど工夫してください。

 

キャメル

どんなコーディネートでも合います。

タートルネックのニットにチェックのミニスカートを合わせてショートブーツやベレー帽を合わせると、可愛らしいコーディネートになります。

マスタードカラーや赤のニットにジーンズとスニーカーでもぴったり合いますね。

 

グレー

モノトーンでまとめると大人っぽく、ビジネスシーンにもぴったりです。

黒のニットに、ベージュのパンツなどに黒のチェスターコートを合わせると重すぎる印象になってしまいますが、グレーなら上品な印象になります。

黒のワンピースにグレーのチェスターコートならパーティシーンもOKですし、ピンクのニットとスカートなら通勤にも休日にも合います。

 

ベージュ

インナーに白や淡い色をあわせてしまうとぼんやりしてしまうので、黒や鮮やかな色などと合わせてコントラストを持たせます。

コーディネートにひと工夫のいる上級者向けです。

 

まとめ

 

チェスターコートはシルエットがスーツに似たすらっとした印象のコートですが、ビジネスシーンにもカジュアルにも合わせやすく、シーンも合わせる服も選ばない重宝するアイテムです。

 

デザインにあまり違いはないことと、フロントを開けたまま着るのでインナーとのコントラストを持たせるようにすると良いでしょう。

 

人気の色は、黒、紺、グレー、キャメル、ベージュですが、迷ったら合わせやすい紺とキャメルがおすすめです。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました