トイレの大掃除を簡単に済ませるコツや方法|換気扇や便器もピカピカ!

トイレ 大掃除 簡単 生活

トイレの大掃除を簡単に済ませるコツや方法

 

「お家の中で最も汚れている場所は?」と聞かれた場合、恐らく多くの人がトイレと答えるのではないでしょうか。

 

トイレは家族みんなが使う場所であると同時に来客も使用する場所ですから、汚れやすい場所ではありますが、最もきれいにする必要があるのです。

 

今回はトイレの大掃除のコツについてですが、ただ紹介するだけでなく、掃除をまったくこれまでしてこなかった人に向けて丁寧にお伝えしますので、ぜひチェックして下さい。

 

<スポンサーリンク>

 

トイレの大掃除で換気扇を綺麗にする簡単なコツや方法

 

トイレの大掃除で換気扇を綺麗にする簡単なコツや方法

 

多くの家庭のトイレには換気扇がついていますが、換気扇を掃除せずそのままにしておくと空気の吸い込みが悪くなってしまい、トイレの中に嫌な臭いや湿気もこもりやすくなってしまいます。

 

そのため、トイレに換気扇がある方は絶対に定期的に掃除する必要がありますので、まずはそのコツを紹介していきます。

 

トイレの換気扇の掃除を行うために必要となるものは、

・脚立
・ウェットティッシュ
・歯ブラシ

です。

 

トイレの換気扇を取り外すときに便器の蓋に乗ってしまうと、乗る人の体重によっては便器の蓋が割れてしまうことが考えられますので、脚立や踏み台を用意して高いところに手が届くようにしましょう。

 

次に、どのようにしてトイレの換気扇を綺麗にしていくのか紹介していきます!

 

地獄絵図 24時間換気扇、最近いつ掃除しましたか?

 

 

  • 換気扇を取り外す

 

最初に換気扇のスイッチを切ります。安全のため、止まったことを確認してから取り外すようにして下さい。

先ほども言いましたが、絶対に便器の蓋に乗らないように!

 

  • ホコリを取る

 

換気扇に付いたホコリをウェットティッシュで取っていきます。

細かい汚れがあるときは、歯ブラシで磨くと綺麗にすることができます。

 

  • 換気扇を取り付ける

 

気になるようであれば乾燥させるか、また乾拭きして下さい。

掃除が終われば、換気扇を元の場所へと戻していきます。

 

トイレの換気扇の掃除は換気扇を取り外す/付け直す作業がかなり面倒ですが、キッチンの換気扇に比べればとっても楽に掃除することができます。

 

 

トイレの大掃除で便器を簡単に綺麗にするコツや方法

 

トイレの大掃除で便器を簡単に綺麗にするコツや方法

 

トイレの中で最も汚れやすく、そして汚れが目立つのは便器ですので、ここではトイレの便器を掃除するための方法について紹介していきます!

 

まず初めに紹介するのは、トイレ掃除に欠かせないものです。

 

・トイレブラシ

 

日常的にトイレブラシを使用して掃除していると思いますが、実はトイレブラシは菌だらけですので、定期的に新しいものと交換するようにし、トイレの大掃除をする場合には新調するようにしましょう。

 

・トイレ用お掃除シート

 

タンクの表面から便器のふちまであらゆるところに使える万能アイテムで、厚手のものがおすすめです。

 

・洗剤

 

トイレ掃除に使用できる洗剤はさまざまなものが販売されており、どれを選べばいいか分からないという人も居るのではないでしょうか。

 

まず、トイレの汚れ別におすすめの洗剤を紹介していきます。

 

【トイレ掃除】汚れの種類に合わせた洗剤を!黄ばみや尿石、水アカには酸性の洗剤が効果を発揮します。

 

「中性タイプ」:こまめにトイレ掃除をするのであればこのタイプがおすすめ。

 

「酸性タイプ」:掃除をサボりがちな人にはこのタイプがおすすめ。尿はアルカリ性であるため、酸性の洗剤を使えば、便器にこびりついた尿の黄ばみをきれいに取り除くことができます。

 

「クレンザータイプ」便器についた黒ずみ、ピンクの汚れにはこのタイプがおすすめ。さぼった時にできてしまうリングを綺麗に落としてくれる効果があります。

 

このようにいろいろな種類がありますが、大掃除では酸性タイプ、クレンザータイプの洗剤を用意しておくと良いでしょう。

 

便器の掃除に必要なものが分かったところで、綺麗にしていくコツを紹介します。

 

ちなみに便器の掃除は、タンク→便座→便器の中→便器の外の順で掃除をします。

 

【タンクの掃除のコツ】

 

タンクはトイレ用お掃除シートで綺麗に拭いていきます。

 

【便座の掃除のコツ】

 

タンク同様、便座もトイレ用お掃除シートで綺麗に拭いていきます。便座の表面はきれいであることが多いですが、便座の裏側は汚れていることが多いです。

しっかりトイレ用お掃除シートできれいに拭き上げていきましょう。

 

【便器の中の掃除のコツ】

 

まずトイレブラシを使って便器の中の汚れを落とし、ある程度落としたら一度水を流し汚れが落ちきれていなかったところを探します。

 

先ほど紹介したように尿石汚れには酸性洗剤を、さぼったリングにはクレンザータイプの洗剤を汚れているところにかけ、1時間ほど放置して汚れを浮かせ、落としやすくします。

 

放置したあとにトイレブラシで磨いていくのですが、トイレの便器の溝の裏側はトイレブラシでは掃除しにくいので歯ブラシを使い、ゴム手袋をはめて細かく磨いていきましょう。

 

最後に水を流せば、便器が綺麗になったはず!

 

【便器の外】

 

便器の外はトイレ用お掃除シートできれいに拭き上げていきます。

 

便器の大掃除は必ず隅から隅まで行い、最後の仕上げとして、トイレ掃除をサボりがちな人は特に、置いておくタイプの洗剤をトイレに設置しておきましょう。

 

タンクの水が出てくるところに置いておくタイプと、便器にスタンプするタイプとがありますが、どちらでも好きな方のタイプでOKです。

 

 

トイレの大掃除で壁や床を簡単に綺麗にするコツや方法

 

トイレの大掃除で壁や床を簡単に綺麗にするコツや方法

 

「トイレがなんだか臭うな…」そう感じる時、多くの人は便器の中に原因があると思うようですが、トイレが臭う原因として最も多いのは、壁や床であるそうです。

 

おしっこやうんちをした後に水を流しますが、便器の蓋を開けっ放しにしておくと流したときに結構な量の汚れた水が壁や床に飛んでしまい、また男性が立っておしっこをするときにも壁や床に飛んでいるそうで、なぜトイレの壁や床が汚れてしまうのか、その理由が分かったと思います。

 

では、トイレの壁、床を綺麗にしていくコツを紹介していきますが、まずは綺麗にするために必要なものを見ていきます。

 

・掃除機またはホウキ

 

床にはホコリがたまりがちですので、きれいにするために用意して下さい。

 

・トイレ用お掃除シート

 

トイレの壁や床掃除は雑巾よりもトイレ用お掃除シートの方がおすすめです。トイレ用お掃除シートは除菌効果があるため一石二鳥ですよ。

 

・重曹スプレー

 

トイレの壁や床の掃除におすすめの重曹スプレーは、重曹と100円ショップで販売しているようなスプレーボトルがあればだれでも簡単に作ることができます。重曹大さじ1杯に対し水を250ml~300ml用意して混ぜ、スプレーボトルに入れるだけ!

トイレの便器の掃除にも使えますので、大掃除の前に作っておきましょう。

 

次に壁や床を綺麗にするコツを紹介していきますが、掃除は上から下が基本であるため、まずは壁→床の順に掃除していって下さい。

 

壁の掃除はお掃除用シートで綺麗に拭き上げるだけでも充分ですが、気になるなら重曹スプレーを吹きかけ、シートで拭き上げていくようにするといいでしょう。

 

問題はトイレの床で、どのように綺麗にしていくのかその方法を紹介します。

 

 

①トイレの床に置いているものを片付ける

 

トイレマット、スリッパ、サニタリーボックスなどを片付けます。

 

②トイレ用シートで拭き上げていく

 

四隅はもちろん、タンクの下まできれいに拭き上げていきます。

 

③頑固な汚れに重曹スプレーを吹きかけ磨いていく

 

便器と床の隙間を見てみると、黒い汚れがびっしり付いていませんか?実はこんなところにまでおしっこの汚れは飛んできているのです。

重曹スプレーを染み込ませたキッチンペーパーを汚れがひどいところに貼り付け、そのまま1時間ほど放置します。

放置後キッチンペーパーを取り歯ブラシ等で磨いていけば、だいたいの汚れは落ちるはずです。

 

最後にどかしたものを元に戻すのですが、サニタリーボックスはトイレ用シートで拭き上げ、トイレマットは洗ってもとに戻してください。

 

トイレマットを洗濯機で洗うのは何となく嫌な気分になりますが、最後にそのトイレマットの掃除方法を紹介していきます。

 

暮らしのマイスター トイレの掃除 床や壁/52秒/ライオン

 

必要となるものは、

液体洗剤

洗濯機で洗うことができるトイレマットを手洗いするときは、洗濯のときに使用する洗剤を用意することをおすすめします。

 

では洗い方を紹介していきます!

 

①洗面器やバケツに水、洗剤を入れる

洗濯機やバケツに水を入れ、水量に応じた量の液体洗剤を入れていきます。

 

②洗っていく

トイレマットを押したり離したりして、繰り返し洗っていきます。

 

③きれいな水で流していく

洗剤の泡が出なくなるまできれいな水で洗っていきます。(シャワーがおすすめ!)

トイレマットは洗ったあとにすぐ干せるように晴れた日に洗いましょう。

 

ワイドハイターで洗うという方法もあるそうですが、もしトイレマットにおしっこがかかったなどで(子供が小さいとあるあるです)臭いが気になる場合は、クエン酸を水で薄めたものの中に一晩浸けておくといいでしょう。

 

<スポンサーリンク>

まとめ

 

今回はトイレの大掃除の方法について紹介していきました。

 

トイレは狭い空間ではありますが、実は掃除には結構な時間がかかる大変な箇所です。

 

今回は簡単に掃除を行うコツを紹介していますので、ぜひチェックしてから掃除を始めるようにして下さい。

 

また、掃除に必要なものを同時に紹介していますので、買い忘れがないようにしっかり必要なものを揃えてから大掃除を始めることをおすすめします!

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました