大根の葉の栄養や効能とは?おすすめの食べ方と保存方法教えます!

大根の葉 栄養 効能 レシピ

大根の葉の栄養や効能

 

みなさん、青く伸びた大根の葉を普段どのように調理していますか?

 

白くて太い部分だけ食べて、上の葉はそのままゴミ箱に・・・という方も多いのではないでしょうか。

 

「何だか硬くてごわごわする。」

 

「葉の部分はかさばるので冷蔵庫に保存しにくい。」

 

大根の葉に対してこのような声が上がっているのも事実です。

 

しかし大根は、葉の部分にこそ驚くべき栄養と効能が詰まっています。

 

今回は大根の葉の知られざる栄養と効能、またおすすめの食べ方や保存方法などをご紹介します。

 

普段あまり使うことのない葉の部分を活用して、身体にうれしい栄養をぞんぶんに摂りましょう!

 

 

大根の葉の栄養と効能について

 

大根の葉の栄養と効能について

 

大根の白い根の部分は淡色野菜ですが、葉は緑黄色野菜に分類され、β-カロテン、ビタミンC、カルシウムを多く含んでいます。

 

β-カロテンは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、体内に入ってから必要に応じてビタミンAに変化します。

 

ビタミンAには粘膜や皮膚を健康に保つ働きがあり、アンチエイジングや美肌効果、視力の維持も期待できます。

 

また抗酸化作用を持つため、抗ガン作用や生活習慣病予防などに効果があるのもうれしいですね。

 

ビタミンCは、美容効果ではおなじみの水溶性のビタミンです。

 

コラーゲンの生成に欠かせない栄養素で、肌や粘膜の健康維持を促進してくれますし、シミの予防にも効果が期待できるので、女性には得にうれしい栄養素ですね。

 

また免疫力アップに効果的なので、風邪の予防にも活躍してくれます。

 

カルシウムは人間の骨や歯などをつくる栄養素で、牛乳、チーズ、大豆食品や緑黄色野菜に多く含まれています。

 

健康な体作りに欠かせない栄養素なので、成長期のお子様や妊娠中の女性は積極的に摂るようにしましょう。

 

成人の方でも毎日少しずつ摂り続けることで、骨粗しょう症を予防したり、歯を強く保ったりする効果が期待できます。

 

 

大根の葉の栄養を逃さないおすすめの食べ方

 

大根の葉の栄養を逃さないおすすめの食べ方

 

  • 生で食べる

 

大根の葉にはビタミンCが豊富に含まれていますが、ビタミンCは水溶性のビタミンなので、熱に弱く、水に溶ける性質をもっています。

 

そのため、茹ですぎたり加熱しすぎたりすると、せっかくのビタミンが溶け出し壊れてしまいます。

<スポンサーリンク>

 

ビタミンCを効率的に摂取するには、生のままサラダにしたり、軽く塩もみして浅漬けにしたりするといいようです。

 

サラダでしたら、千切りにした大根を加えるとボリュームアップしますし、トマトやナッツなども添えれば彩りも鮮やかになり、おもてなしの料理としても活躍してくれますね。

 

  • 炒めて食べる

 

大根の葉に多く含まれるβ-カロテンは脂溶性のビタミンなので油に溶けやすく、炒めたり揚げ物にしたりする調理方法がおすすめです。

 

他の野菜や肉と一緒に油炒めにするときは、熱を長時間加えずさっと炒めるのがポイントです。

 

最後に片栗粉でとろみをつけると、野菜からでた水分もすべて食べられるので、栄養素を逃さず摂取できますよ。

 

また、成長期のお子様がいる家庭などで積極的にカルシウムを摂取したい場合は、細かく刻んでごま油で炒めた大根の葉に、じゃこや鰹節などを加える調理方法がいいと思います。

 

これならじゃこや鰹節に含まれるカルシウムも同時に摂取できるので、栄養価がさらにアップしますね。

 

だし醤油やみりんで少し濃い目の味つけをして、常備菜にするのもおすすめです。

 

タッパーなどで保存をすれば冷蔵庫で2~3日もちますので、普段忙しいママさんもこれなら簡単に家族に大根の葉を食べてもらうことができますね。

 

お弁当のおかずやふりかけにして、お子様もどんどんご飯がすすむレシピに活用しましょう。

 

 

大根の葉の栄養を保つ保存方法

 

大根の葉の栄養を保つ保存方法

 

では大根の葉の栄養を保つには、どのように保存したらいいでしょうか。

 

まず葉付きの大根を手に入れたら、すぐに葉の部分は切り落としましょう。

 

なぜなら、そのままにしておくと葉に養分を吸収されてしまい、下の白い部分の鮮度や栄養価が落ちてしまうからです。

 

葉を切り落とすときは、少し根本から切り落とした方がいいでしょう。

 

切り落とした箇所を、水を張った器かコップに入れて保存すれば、しばらく鮮度が保たれます。

 

とはいえ野菜は新鮮なうちに食べたいものですので、冷蔵庫で3~4日ほどを目安にしてください。

 

もしくは、葉を細かく刻んでからさっと茹で、よく水分を切ったものを、サランラップで包むかジップロックに入れて冷凍保存する方法もおすすめです。

 

このやり方なら冷凍庫で1ヶ月ほど保存ができます。

 

このときに小分けにしておけば、お味噌汁やチャーハンなど次の料理のときに手軽に使用することができてとても便利ですよ。

 

 

まとめ

 

大根の葉の栄養と効能、おすすめの調理方法や保存方法についてご紹介しました。

 

大根の葉には、美容や健康にうれしい栄養素が豊富に含まれています。

 

今まで捨てていたという方はぜひ試してみてくださいね。

 

葉付きの大根は、八百屋さんや農家の直売所、道の駅などで売られていることが多いです。

 

栄養もあり立派で大きな葉付き大根が、産直価格で手に入ればうれしいですよね。

 

ぜひ大根の葉を活用して、家族みんなが喜ぶ健康料理を作ってみてください。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました