大掃除と断捨離の違い|それぞれに意味があってコツがあります!

大掃除 断捨離 違い 生活

大掃除と断捨離の違い

 

大掃除と断捨離って意味も内容も違うって知ってましたか?

 

Instagramに買ったものを載せてキラキラ女子をアピールしている方は多いと思いますが、アップするためにいろいろなものを買い、気が付けば部屋が物で溢れている…そういった人もとても増えています。

 

今回は大掃除や断捨離のコツを紹介していきますので、使わないもので部屋が溢れている人は断捨離にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

断捨離と大掃除はなにがどう違うか・・・まったく同じと考えている人は少ないと思いますが、今回はその二つの違いも紹介しますので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク>

 

大掃除と断捨離の違い

 

大掃除と断捨離の違い

 

大掃除と断捨離の違いについて紹介していきましょう。

 

まずは大掃除についてですが、そもそも大掃除とは、普段掃除しているところにプラスして普段掃除できないところを徹底して掃除するということで、掃除の前に「大」という字がついていることから、いつもより力を入れて掃除をすることであるという認識を持っている人が恐らく多いだろうと思います。

 

一方、断捨離とは、必要がなくなったものを捨てることをいいます。

 

捨てるというところは大掃除と似ていますが、大掃除で捨てるのは基本ゴミであるのに対し、断捨離はゴミではなくまだ使えるものであったとしても使っていないのであれば捨てるというスタンスで、ここが大掃除と断捨離の違いとなります。

 

また、大掃除は一時的なもので、きれいにしても生活していればまた部屋は汚れてしまうので再度大掃除をしなければなりません。

 

しかし断捨離は、一度徹底してしまえばしばらくは行う必要がなく、掃除のように定期的にする必要がないケースが多いのが特徴であると言えるでしょう。(個人差がありますが…)

 

このように大掃除と断捨離は違うものでありますので、覚えておくようにして下さい。

 

<スポンサーリンク>

 

大掃除の意味とコツ

 

大掃除の意味とコツ

 

大掃除は元旦を気持ちよく迎えるために、12月31日の大晦日に、普段手が届かないところまで念入りに大掛かりに行う掃除を指すことが多いですが、もちろんそれ以外のタイミングで大掃除をする家庭もあります。

 

独身OLのみなさんであれば、彼氏の家で大掃除行うときのコツについてここでは紹介していきましょう。

 

・大掃除のスケジュールを立てる

 

まずスケジュールを立てることで、効率よく大掃除を終わらせることができます。

 

スケジュールの立て方ですが、特に正解はありませんので、玄関やトイレから掃除をスタートしてもいいですし、油汚れなどで最も汚れがひどいと一般的に言われているキッチンからスタートさせてもいいです。

 

個人的には、最もきれいにしたいところから掃除を始めることをおすすめします。

 

スケジュールがまとまったら紙に書き出して、よく見えるところに貼っておくといいでしょう。

 

・上から下を意識して掃除を行う

 

大掃除の基本は、上から下です。

 

この上というのは、天井や棚・タンスの上、電球、カーテンレール、エアコンの上などのことを指します。

 

先に上のほこりをきれいにしてしまってから床を掃除するようにしないと、いくら床をきれいにしても、天井からほこりが落ちてくれば意味がありません。

 

落とした上のホコリを下でキャッチし掃除をしていくイメージです。

 

机やソファーにホコリが落ちるのが嫌なのであれば、新聞紙やレジャーシートなどでカバーしておきましょう。

 

移動させるという手もありますが、女性一人で家具を移動させるのは大変ですので、カバーをしてホコリがいかないようにすることをおすすめします。

 

・掃除機を使うときは窓を閉める

 

大掃除をするとき、きっと多くの人が空気の入れ替えとして窓を開けていると思います。

 

窓を開けたまま掃除を行うということはだめなことではありませんが、掃除機を使うときには窓は閉めるようにすることをおすすめします。

 

窓が開いていると部屋に風が入ってきますが、その風によってほこりが舞い、きれいに掃除機で吸うことができなくなってしまうからです。

 

ですので、掃除機を使用するときには風が中に入らないよう、窓を閉めることをおすすめしています。

 

・頑固な汚れは先に洗剤を染み込ませておく

 

時短掃除を目指すのであれば、掃除の最初が肝心となります。

 

お風呂のカビ、トイレの便器汚れ、ガスコンロなど汚れがひどいところには、事前に洗剤を染み込ませておき、その間にリビングなど違うところの掃除を行っていきましょう。

 

十分しみこんでから場所の掃除を行うと、洗剤が汚れを溶かしてくれているので、すぐに汚れを取ることができ、掃除の時間を時短することができます。

 

【前編】衣替えのタイミングで断捨離しよう!!~お洋服編~

 

このように大掃除を行うときにはいくつかのコツがありますので、こうした情報を集めてから大掃除を始めると、無駄なく済ますことができるようになるでしょう。

 

 

断捨離の意味とコツ

 

断捨離の意味とコツ

 

断捨離とはものへの執着を捨て不要なものを減らすことにより、生活の質を向上させようとする考え方のことをいい、メディアで主に使われるようになり広まっていきました。

 

メディアの影響はすさまじく、断捨離に関する書籍がたくさん販売されヒットしていますが、どのようにしたらいいのか分からないという方は少なくありませんので、ここでは、断捨離をどのように行えばいいのか、断捨離のコツについて紹介していきます。

 

・マイルールを決める

 

断捨離を行うときのコツとしてまず紹介したいのは、マイルールを決めるということです。マイルールなので、どのようなルールでも構いません。

 

「壊れているものは絶対に捨てる」「1年間使わなかったものは捨てる」「トキメキを感じないものは捨てる」などといったルールが、断捨離をするうえでみなさんが掲げるマイルールになります。

 

「トキメキを感じないものは捨てる」をルールにしたのであれば、たとえ壊れて使えなくなったとしても、大切な思い出がありそれを見るたびにトキメクのであれば捨てる必要はありません。

 

そして、自分で決めたマイルールに沿って断捨離を進めていくようにしましょう。

 

マイルールを決めたのにブレてしまいまったく断捨離ができないという人には、目に入るところにマイルールを書いた紙を貼ることをおすすめします。

 

・場所ごとに断捨離していく

 

断捨離を行うコツとして、場所ごとに断捨離をしていくということがあります。

 

押し入れからスタートしたら、まず押し入れのものを全部引っ張り出し、マイルールに当てはまるものだけを戻します。これを場所ごとに繰り返すようにして下さい。

 

断捨離のコツは少しずつ行うということです。一気に行うと足の踏み場がなくなることもありますので、場所ごとに少しずつ断捨離していくことをおすすめします。

 

・少しずつ断捨離していく

 

大掃除と断捨離を比べると、断捨離の方が時間がかかる傾向にありますが、おそらくそれはもう必要ないものか、必要なものかを考えるのに時間がかかるからでしょう。

 

物が多ければ多いほど時間がかかる傾向にありますが、無理に終わらせようとすると集中力が切れてしまうので注意しましょう。

 

できれば1日ごとに場所を決めて、少しずつ断捨離していくようにしていきましょう。

 

ここでは断捨離のコツについて紹介していきました。

 

筆者は断捨離が趣味なのですが、今回紹介したコツで断捨離をしていくと、スムーズに断捨離し部屋をすっきりさせることができますよ。

 

【後編】衣替えのタイミングで断捨離しよう!!~Bag・靴編~

 

まとめ

 

今回は大掃除と断捨離の違い、またそれぞれのコツについて紹介していきましたが、いかがでしたか!?

 

家は住んでいれば絶対に汚れますし物も増えていきますので、大掃除、断捨離はおそらく多くの家で必要となることであると思います。

 

汚くものが溢れた部屋にいるよりも、きれいで物が少ない家の方が素敵ですし、運気もアップしますので、定期的に大掃除や断捨離の日を設け、常にきれいな家に住むことができるようにしていきましょう。

 

大掃除、断捨離を行い部屋がすっきりすると、無駄にものを買わなくなるそうなので、つい買っちゃうというくせがある人にこそ、大掃除と断捨離を行ってほしいです。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました