土鍋の焦げ付きの落とし方

 

冬場は鍋物が美味しい季節です。

 

野菜もたくさん取ることができますし、なんといっても簡単ですから、冬場の寒い時期のご飯はほとんどが鍋物になってしまう、という家庭も多いのではないでしょうか。

 

鍋物と言えば「土鍋」が欠かせませんが、この土鍋は焦げてしまうとなかなか落とすことができません。

 

そこで、ここでは土鍋の焦げの落とし方、および焦げずに済む方法を紹介していきたいと思います。

 

<スポンサーリンク>

 

土鍋の焦げ付きの落とし方

 

土鍋の焦げ付きの落とし方

 

普段焦げを落とす時に金たわしやクレンザーを使用している方もいるかと思いますが、これらを使用すると土鍋自体に細かい傷がついてしまい、ひび割れの原因となってしまうので絶対に避けましょう。

 

ではどうしたらいいのか?ですが、軽い焦げ付きならば、ぬるま湯につけ一晩放置し、キッチンペーパーなどですり落とせば取る事ができます。

 

しかし、強い頑固な焦げ付きの場合はこれでは落とすことが出来ないため、「重曹」「酢」を使います。

 

『 重曹 』

 

炭水化物系の焦げ(ご飯、めん類、肉、魚など)は酸性となるため、アルカリ性の重曹が効果的です。

土鍋に水を入れスプーン3~4杯程度の重曹を入れて混ぜ合わせ、そのまま火にかけ煮立たせて一晩放置し、翌日ペーパーなどを使って焦げをそっと取っていきます。

もし焦げがひどい場合は数回この工程を繰り返すといいかと思います。

また、お湯から始めると重曹の力が発揮されませんので、必ず水から始めてください。

 

『  』

 

野菜やキノコなどの焦げはアルカリ性となり、アルカリ性の重曹では焦げを落とすことができませんので、アルカリ性とは逆の酸性である酢の出番となります。

やり方は重曹を使用した時とほとんど変わらず、鍋に水を入れてその中に酢を50~70cc入れて煮立たせ、火を止めたら数時間放置し、その後酢水を捨てて、ペーパーなどを使って焦げを取ります。

 

焦げの種類によって「重曹」「酢」を使い分けるのがポイントになりますが、意外と簡単な作業です。

 

 

土鍋が焦げ付かせない方法

 

土鍋が焦げ付かせない方法

 

私自身もそうなのですが、掃除そのものが面倒くさく、できたら掃除をしなくて済ませたいと考えることがあると思います。

 

そんな方法があるのかについてですが、使い始めの際に必ず行う、「目止め」という土鍋に開いている微細な隙間をデンプンで埋めてしまう方法が、焦げ付き防止になると言われています。

 

ここでは「小麦粉」による目止めの方法を紹介しておきます。

 

まず、ボールで水と小麦粉を混ぜ合わせます。大きさなどで量は変わりますが、水の量に対し小麦粉は10%くらいを目安にしてください。

 

水を張った土鍋に小麦粉を入れると、穴を埋める前に水が穴に先に入り込みデンプンが入れなくなってしまうので、必ず水と小麦粉を混ぜ合わせておいてください。

 

小麦水ができたら土鍋に入れ、火にかけます。

 

土鍋は急激な温度の変化にも弱いので、弱火でじっくりと加熱してください。また、弱火にする事で吹きこぼれを防止できます。

 

沸騰したらそのまま1時間程度加熱し、火を止めて冷めるまで放置します。

 

土鍋の保温力は高いので中々冷めませんが、先ほども記載したように土鍋は急激な温度変化に弱いので、流水を使って急激に冷ますようなことはせず、火を止めたらそのまま放置しゆっくりと冷ますようにしてください。

 

もちろん目止め中ですので、中の小麦水はそのままです。

 

十分冷めたら中身を捨てて水洗いをし、しっかりと乾燥させたら完了になります。

 

また、土鍋でご飯を炊く場合は火加減を調節したり、土鍋の底の部分に昆布を敷いたりする方法、また亜流ではありますが、土鍋で煮る前に他の鍋で軽く煮ておき土鍋では温めるだけの状態にしておく方法も効果的だと思います。

 

私の実家ではこの、ほかで作っておくという方法が取られていた気がしますが、あとはこまめに汁をまぜたり、具材の位置を変えたりするというのも効果があると思います。

 

<スポンサーリンク>

 

土鍋の外側の焦げを落とす方法

 

土鍋の外側の焦げを落とす方法

 

最も気になる焦げは、土鍋の外側に出来てしまった焦げではないでしょうか。

 

外側だから正直放置していてもかまわないとは思いますが、土鍋は長く使っていきたいものですから、できれば外側の焦げもきれいに落としたいものです。

 

手で触って分かるような焦げは、ペットボトルのふたを焦げ付きに当てて焦げを落とすというシンプルな方法がいいと思いますが、土鍋はあまり傷つけるとひび割れの原因になりますので、手で触って分かるほどの焦げの時だけこの方法にしてください。

 

また上記の項目で「重曹」を使う方法を紹介しましたが、外側の焦げには重曹をペースト状にしてこする問い右方法があります。

 

重曹をペースト状にして使用すると研磨作用もあり汚れを落とすことができるそうで、外側ですので多少力を入れても大丈夫です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?冬の寒い時期には頻繁に使うことが多い土鍋ですが、できることなら焦げは出来ないで欲しいものです。

 

しかし、土鍋は焦げ付きやすいもののようですから、焦げが出来てしまった際の対処法が肝心となりますので、この記事に記載した方法を試してみてください。

 

そして、長く土鍋を使っていくために肝心な事が「乾燥」で、土鍋の底が濡れているまま火にかけると、割れてしまうことがありとても危険ですので、使用し洗った後はしっかりと乾燥させるようにしてください。

 

ただし、急激な温度変化には弱いものですので、洗って拭いて、そのまま放置するという形が一番良いと思います。

 

もしも焦げてしまったときの対処法の一つとして、参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>