羽毛布団って自宅の洗濯機で洗えるの?お風呂場で洗濯した方が良くない?

羽毛布団 洗濯機 自宅 生活

羽毛布団って自宅の洗濯機で洗えるの?

 

寒い冬のシーズンに活躍する、軽くて暖かい羽毛布団は、暖かくなって使わなくなったらキレイにしてからしまっておきたいものですが、クリーニングに持って行くのは大変だし、お金もかかります。

 

しかし、最近は、洗える羽毛布団があり、自宅の洗濯機で洗えるととても楽なのです。

 

今回は、自宅で羽毛布団を洗濯する方法を紹介します。

 

 

羽毛布団って自宅の洗濯機で洗えるの?

 

羽毛布団って自宅の洗濯機で洗えるの?

 

羽毛布団に付いている洗濯表示に手洗いのマークが付いていれば洗えますが、手洗い×になっていたら洗えないので、クリーニング屋さんにお願いした方がいいです。

 

洗濯機は、シングルサイズなら5キロ。セミダブルなら7~8キロの洗濯機が必要となり、容量以上で使ってしまうと、布団に傷がついたり洗濯機が壊れたりしてしまう可能性があるので、必ず容量は守ってください。

 

まず布団に付いているホコリやゴミなどを払い、汚れが目立つ部分は、オシャレ着洗い用の洗剤を水で薄めて部分洗いします。

 

そして、生地の傷みを防ぐため、縦長に三つ折りにして、端からクルクル空気を抜きながらなるべく小さく巻いて、寝具用のネットに入れます。

 

このとき、汚れている部分があったら、汚れている部分が外側になるように巻きます。

 

洗剤は、合成洗剤だと羽毛の油分まで落ちてしまい、保温効果が下がってしまいますのでオシャレ着洗い用の中性洗剤を使い、「毛布コース」や「大物洗いコース」を選び洗濯開始です。

 

布団が浮いてくるようだったら、水がたまってから一旦止めて、手で数回沈めると浮いてこなくなります。

 

脱水まで終わったらしっかりと乾燥させますが、布団の日焼けや羽毛の傷みを防ぐため、直射日光は避けて風通しの良い日陰に干し、乾くまで、中の羽毛が固まらないように何回か中の羽毛を手でほぐします。

 

物干し竿2本に、またぐような形で干すと風通しがよくなり、早く乾きます。

 

完全に乾かさないと、カビが生えたりニオイの原因になったりしてしまうので気をつけましょう。

 

 

ドラム式洗濯機で羽毛布団は洗濯できるのか?

 

ドラム式洗濯機で羽毛布団は洗濯できるのか?

<スポンサーリンク>

 

ドラム式の洗濯機でも同じように洗うことができますが、縦型の洗濯機のように布団を水に十分に浸すことができないため、あまりオススメできません。

 

ドラム式の洗濯機で洗う場合は、ネットに入れると片寄ってしまい脱水がうまくできませんので、布団が広がるようにネットには入れず、6つ折りのじゃばら折りにして、洗濯機に入れます。

 

また、布団が傷む可能性があるので、洗濯キャップというものを付けて洗う必要があります。

 

 

自宅で羽毛布団を洗濯する方法

 

自宅で羽毛布団を洗濯する方法

 

洗濯機に入らない大きい布団は、お風呂場の浴槽で洗うことができます。

 

浴槽の半分くらいまでぬるま湯を入れ、洗剤を溶かしてから足で踏み洗いしていき、裏側も同じように洗ったら一旦浴槽のぬるま湯を抜き、浴槽の側面に押し付けて、水を絞ります。

 

水を絞ったらまた水を入れ、踏んですすいで水を入れ替えて、を2~3回繰り返し、浴槽のふちに布団をかけ水をきりますが、水を含んでかなり重たくなっているので1時間くらいかけておき、外に干します。

 

結構な重労働なので、1人でやるにはちょっと大変ですから、手伝ってくれる人がいた方がラクにできるでしょう。

 

布団が完全に乾くのには数日かかりますが、気温が低いと乾くのに時間がかかるし、日差しが短いとなかなか乾きにくいので、暑い夏の時期がオススメです。

 

または、コインランドリーで乾燥機に入れて乾燥させる方法もあります。

 

洗った時は小さいですが乾くと大きくなるので、大きめの乾燥機になるべく広げて入れ、一気に乾かそうとせず最初は20~30分、そのあと10分ごとに布団を裏返しながら、30分ぐらい乾燥させます。

 

最後20分乾燥させるときはテニスボールを一緒に入れると、テニスボールが布団をほぐしてくれるので、ふっくら仕上がります。

 

家に帰ったら熱に含まれる湿気を逃がすため、一度風に当てましょう。

 

 

まとめ

 

一見難しそうに見える羽毛布団の洗濯ですが、洗濯表示をよく見て、家で洗えるものであれば洗濯機やお風呂場で洗ってみてもいいかもしれません。

 

暖かくなって使わなくなった時期の、天気のいい日が続く日に、思い切って洗濯してみませんか。

 

羽毛布団を洗ったら、よく乾かさないとカビの原因やニオイの元となりますし、表面が乾いても中までしっかり乾いていない場合もあるので、十分に乾燥させましょう。

 

自分で洗うのは、ちょっと心配だわ…という人は、クリーニングに出してもいいと思います。

 

自分に合ったやり方で、羽毛布団をキレイにし快適な睡眠ができるようにしたいですね。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました