窓ガラスを簡単に掃除する方法|あると便利な洗剤や道具も紹介!

窓ガラスを簡単に掃除する方法 生活

窓ガラスを簡単に掃除する方法

 

家の外と接している面で、最も汚れが目に付きやすい場所が「窓ガラス」ではないでしょうか。

 

外側には排気ガスや土、砂などが、内側は手の垢やホコリなどが付着する上に、透明なガラスですから、日の光を通すとすぐに汚れが目立ってしまいます。

 

個人的な感覚ではありますが、最も汚れた部分が気になる場所だと思っており、なるべくなら毎日掃除したい場所ですが、毎日となると、簡単でなおかつキレイになる方法が知りたくなります。

 

そこで、ここでは「窓ガラス」の掃除について、少しでも簡単に楽に出来たらということで、

・ 簡単に掃除する方法

・ 簡単に掃除する道具

・ 用意しておきたい洗剤

の順に紹介していきたいと思います。

 

<スポンサーリンク>

 

窓ガラスを簡単に掃除する方法

 

窓ガラスを簡単に掃除する方法

 

みなさんはどのように窓ガラスの掃除をしていますか?私は雑巾などで拭くだけですが、掃除には色々なやり方がありますので、間違いなんてものはないと思っています。

 

ここでは手間をかけずに、窓ガラスを簡単に掃除する方法を何点か紹介してみたいと思います。

 

  •  雑巾による掃除

 

雑巾による掃除は一般的だと思います。

 

まず、ガラスクリーナーなどの洗剤を水で濡らした雑巾(もしくは古タオル)にまんべんなくスプレーし窓を拭きますが、窓に直接スプレーすると液だれで跡が残るので、雑巾にスプレーするというのがポイントになります。

 

次に。水で濡らした雑巾で洗剤をふき取り、最後に乾拭きです。

 

マイクロファイバークロスは繊維が細かいので、できたらマイクロファイバークロスでの乾拭きがおすすめです。

 

  • 新聞紙で掃除

 

「え?新聞紙?」って驚いた人もいると思います(私自身もその一人です)が、非常に手軽で簡単な方法です。

 

まず、新聞紙を水で濡らして窓の外側を拭き、拭いた部分が乾ききらないうちに乾いた新聞紙で同じ箇所を乾拭きし、内側も同様の手順で行います。

 

たったこれだけという簡単で手軽な方法なのですが、新聞紙のインクにはツヤ出しの効果があり、また、曇りを防止したり汚れがつきにくくしたりするという効果もあります。

 

水と新聞紙しか使っていませんのでコストもかからずエコな掃除のやり方だと思います。

 

  •  ガラスワイパーで掃除

 

ガラスワイパーを使うと短時間でキレイにする事ができます。

 

軽い汚れは水で落とし、汚れがひどいときは中性洗剤を100倍ぐらいに希釈したものを、窓ガラス全体にスプレーし、ワイパーを上から下へ、左から右へ向かって使います。

 

①②のように家にあるものではないので、購入しなくてはならないという手間はかかりますが、キレイにすることができます。

 

 

窓ガラスを簡単に掃除する道具

 

窓ガラスを簡単に掃除する道具

 

上の項目で説明した道具(新聞紙・雑巾・ガラスワイパー)以外にも、簡単に掃除できる道具があります。

 

近年は100円均一でも手に入るアイテムも多く、便利な時代になったなと感じます。

 

 

スクイージー(ガラスワイパー)

 

上の項目で取り上げましたが少し補足説明しておきます。ホームセンターなどで購入できますが、幅25cmくらいのものがおすすめです。全体に力が均等にかかり、拭き残しをしにくいからです。

 

 

メラミンスポンジ

 

この商品は100円均一などでよく見かけますね。我が家にもあります。汚れた部分をこすっていくとどんどん小さくなっていく、あれです。

 

メラミンスポンジは汚れを削り落とすものですので、メラミンスポンジに水を含ませ汚れた部分をこすると、洗剤を使わずにキレイにできます。

 

ただし、コーティングされているガラスや樹脂フィルムが張られているガラスなどは、コーティング部分が傷つくおそれがあるので注意が必要になります。

 

 

両面ガラスクリーナー

 

磁石の力によって二つのクリーナーをガラスの内側と外側にくっつけ、内側のクリーナーを動かすと、同時に外側のクリーナーも動きます。一度にガラスの両面を掃除でき、高い場所にある窓の掃除などに最適です。

 

 

ガラスクリーニングロボット

 

これはちょっと番外編的な商品です。なんといっても高額な商品になりますので・・・窓掃除もロボットがする時代なのですね。ちょっと欲しい気もしますが、頻繁に掃除するわけでもないので。完全に番外編的商品紹介でした。

 

<スポンサーリンク>

窓ガラスをピカピカに掃除する為に用意しておきたい洗剤とは?

 

窓ガラスをピカピカに掃除する為に用意しておきたい洗剤とは?

 

掃除の仕方・掃除用の道具を紹介しましたが、最後に洗剤について、市販されている洗剤ではなく、自分で作れる洗剤を用途別に3つ紹介します。

 

重曹水

 

水拭きでは落ちない汚れに効果的なのが重曹水になります。40℃くらいのお湯200mlに対し重曹小さじ2杯をよく溶かし重曹水を作りスプレーボトルに入れ雑巾にスプレーし、汚れをふき取ります。

 

重曹水を使う場合、重曹が残っていると白くなってしまう為、掃除の後必ず水拭きして下さい。また、アルミにつくと変色する為、アルミサッシの場合はサッシ部分を避けてください。

 

 

セスキ炭酸ソーダ水

 

重曹水で落ちないような頑固な汚れには重曹水よりアルカリ性の強いセスキ炭酸ソーダ水が効果的です。500mlの水に対し小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かし、スプレーボトルに入れ雑巾に拭きかけ汚れをふき取ってください。

 

こちらも重曹水同様アルミにつくと変色してしまいますので、注意してください。

 

 

クエン酸水

 

カルシウムやマグネシウムが固まってしまった水垢汚れにはクエン酸水が効果的です。水200mlに対し小さじ1杯のクエン酸を混ぜてスプレーボトルに入れ窓ガラスに吹きかけて、キッチンペーパーを貼り付けます。

 

30分ほど(汚れ具合によって時間を調節してください)放置したら水垢をふき取り、乾拭きします。クエン酸には除菌効果もあるので、カビ胞子の除去などにも活躍します。

 

 

まとめ

 

窓ガラスの掃除方法・道具・洗剤について説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

どの掃除方法、洗剤にも言えることですが、液だれ跡が残ってしまう可能性があるため、基本的には窓ガラスに直接洗剤などを吹きかけず、雑巾や古タオルに洗剤をふきかけたほうがいいようです。

 

そして、窓ガラスの下には新聞などを引き、出来ればゴム手袋・マスクをして換気をしっかりと行ったほうがいいと思います。

 

個人的に「新聞紙」を使う方法は、読み終わった新聞で掃除ができればコストもかからないのとおなじですし、洗剤も不要で環境に優しい気がして、是非試してみたいと思いました。

 

最後に、高所の外側の掃除には十分注意を払い、もしどうしても掃除が困難な場合は、専門業者に頼みましょう。

 

少しでもこの記事が掃除の役に立てればと思います。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました