初詣とは?由来や起源について|いつまでに行くと良いのか?

初詣とは 生活

初詣とは?由来や起源について

 

年越しそばを食べて除夜の鐘を聞いて、さあ初詣に向かおうというのが大体の年末~新年にかけての行動になるかと思いますが、正月から仕事のある私はその流れでは行動できないため、新年を0時丁度に迎えることはほとんどありませんし、当然、初詣も1月1日という訳にはいきません。

 

なにげなく流されるかのように行っている「初詣」ですが、由来や起源などご存知の人いますか?ほとんどの人は「新年になったから」という感覚だと思いますし、私のように新年早々の初詣は難しい人もいることと思います。

 

ここでは、そんな初詣の由来や起源、またいつまでに行けばいいものなのかなどを解説していきたいと思います。

 

 

初詣とは?由来や起源について

 

初詣とは?由来や起源について

 

まずは初詣とは?というお話ですが、元々の始まりは「年籠り」(としごもり)と言い、家長が祈願の為に大晦日の夜から元旦の朝にかけて氏神神社に籠る習慣だったようです。

 

やがて年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元旦の朝の「元旦詣」との二つに分かれ、元旦詣が、今日の「初詣」の原型になったと言われており、また、治承5年(1181年)に源頼朝が鶴岡若宮に参詣したことが広まるきっかけになったのではないかとも言われています。

 

「年籠り」形式を踏まず、単に社寺に「元旦詣」を行うだけの初詣が習慣化したのはそれほど古い時代ではなく、明治中期のことではないかとされています。

 

また、元々「元旦詣」は住んでいる地域の氏神様が祀られている社寺、または家から見てその年の恵方の方角にある社寺を参拝する決まりでしたが、同じく明治中期に、現代のように有名な社寺に参詣することが一般的となりました。

 

この「有名な社寺に参詣する」と言う事柄は、鉄道の発展により交通の便が改善したことが一因として挙げられます。

 

 

初詣はいつまでに行くとよいの?

 

初詣はいつまでに行くとよいの?

 

由来や起源は分かりましたが、ではいつまでに行くと良いものなのでしょうか?「元旦詣」が原型と言われているものだから、元旦でないとならないのでしょうか?

 

結論から言いますと、元旦にお参りをしなくてはならないという決まりはありません。

 

一般的には「正月三が日」に参拝するのを初詣と言っていますが、一方で一月中に参拝することも「初詣」と言う考え方も存在しており、現在においては、初詣は松の内に行くのがおおよその目安となっています。

<スポンサーリンク>

 

「松の内」・・・正月を祝う期間。松飾りを飾っておく間の意味で、多くは正月七日、または十五日までを指すことが多い。また「年神様」という神様が滞在している期間であると言われる。

 

神様が滞在している期間内に、社寺に行って神様に挨拶をしようと言うことです。

 

ですが、初詣にいつまでに行けばいいかという、厳密なルールは存在しておらず、年が明けてから初めてお参りをするのが「初詣」になりますので、極端な話、時間がなく4月頃に初めてのお参りに行ったとしても「初詣」になるのではないかと個人的には考えます。

 

たとえ一月中に行けなかったとしても、お参りに行くことが大切であり、三が日は混雑が激しいですから、時期をずらして行くのも全然問題ないと思います。

 

 

喪中の場合初詣はどうしたらいいの?

 

喪中の場合初詣はどうしたらいいの? 

 

では、喪中の場合の初詣はどうしたらいいのでしょうか?行ってもいいのか、行ってはいけないのか。私自身は行かないようにしていますが、実際はどうなのか気になるところではあります。

 

まず、「喪中」・「忌中」について説明させてもらいます。

 

・喪中:家族などの身近な人や、親しい人も死を悲しみ、不幸を乗り越える期間の事を言います。一般的には「一年間」とする場合が多いですが、悲しみを乗り越えるという期間になりますので決まった日数はありません。

 

・忌中:家族など身近な人の死を悲しみ、慎む期間のことです。お寺は家族が亡くなってから49日間が忌中になります。仏教では死後49日後に仏様のところに向かうと言われているため、49日に法事を行います。神社では忌中は最大50日間となりますが、亡くなった人との関係によって日数が変わります。

 

なぜ「喪中」・「忌中」の説明をしたのかですが、それぞれで扱いが変わってくる為です。

 

この項目の題にもなっている「喪中の場合」は初詣で神社へもお寺へも参拝することができますが、もう一方の「忌中」になりますと、神社とお寺で参拝についての考え方が異なります。

 

それぞれについて説明しますと、

 

神社:忌中の間は参拝しないほうがよいとされています。神道の考えで「死」は「穢れ(けがれ)」にあたると言われていて、神様の住まいである神社に穢れを持ち込むことがよくないからです。

 

お寺:正月には故人や先祖への新年の挨拶をするという考え方があるため、忌中でもお参りは問題ないとされています。

 

 

まとめ

 

初詣に関することを説明いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

初詣に行く期間や喪中最中どうしたらいいかは、これから先役に立つことだと思いますので、覚えておいて損は無いと思います。

 

一つ「忌中の際のお守り・お札」に関して追記します。

 

お守りやお札は毎年新しいものに取り替えるものですが、忌中で神社に初詣に行くことができない場合でも、誰かに代わりに神社に行ってもらうことは可能ですので、友達などに託すようにすれば問題ありません。

 

また、古いお守りやお札のお炊き上げは初詣の期間しか受け付けていない神社・お寺もありますが、その場合忌中であることを伝えると郵送で受け付けてくれる場合も有りますので、事前に確認してみてください。

 

追記も含めて、頭の片隅に知識として置いておいておくと、きっと役に立つことがあると思います。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました