七五三における女の子の髪型について

七五三 女の子 髪型 七五三

七五三における女の子の髪型

 

七五三は同じ着物でも成人式とは違って、それぞれの年齢ごとの子供らしい可愛らしさが魅力です。

 

具体的には、3歳はようやくおしゃべりも上手になってきたあどけなさ、5歳は元気で活発な可愛らしさ、7歳はちょっぴり大人のマネもしたくなる可愛らしさがそれぞれあります。

 

七五三は服装に目が行きがちですが、実は髪型でも大きく印象が変わりますので、お参りの時と写真撮影の時の女の子の着物にあう髪型について考えてみましょう。

 

 

3歳の女の子のおすすめの髪型

 

3歳の女の子のおすすめの髪型

 

3歳の女の子の魅力はあどけなさにありますので、かわいらしさがあふれる髪型が良いでしょう。

 

お勧めは、髪を2つに分けて耳の上で結ぶ二つ結びで、さらに着物の柄や色に合わせた髪飾りを付けるだけで、着物にあう髪型になります。

 

ただ3歳の場合、髪を結ぶのに慣れていないと、引っぱられていることが気になってゴムを取ってしまうことがあります。

 

お参りや写真撮影の時に髪を気にして触ってしまうと、セットした髪が崩れたり、自然な笑顔になれなかったりすることもありますので、本番の少し前に自宅で練習しておきましょう。

 

髪が細くて量が少ない時はウィッグを足しても良いですが、もしお子さんが髪をセットすることを嫌がったら、無理をしないことが大切です。

 

ストレートで黒のボブスタイルの髪に、着物に合う布製のパチン留めやカチューシャを付けるだけでも印象がガラッと変わります。

 

七五三は慣れない着物や足袋、神社や写真館など、いつもと違う雰囲気に戸惑ってしまうお子さんもいますので、機嫌よく過ごせるように、事前に説明したり写真館や神社を下見したりしておくと良いでしょう。

 

お参りの日と写真撮影の日を別の日にして、それぞれ短時間で済ませるようにすると、疲れたり飽きたりせずに機嫌よく過ごしやすいです。

 

 

5才の女の子のおすすめの髪型

 

5才の女の子のおすすめの髪型

 

5歳になり、おしゃれにも興味を持ち出してきたお子さんにお勧めなのが、髪をカールさせてから高い位置でひとつにまとめ、着物にあう髪飾りを付けるひとつ結びです。

 

神社にお参りに行く時はお辞儀をすること多く髪型が崩れやすいですが、基本的に人前で髪を触るのはマナー違反ですので、お辞儀しても崩れにくいスタイルにして、また髪飾りが顔に触れないようにします。

 

前髪は眉くらいの長さで降ろした方が、元気よく見えます。

<スポンサーリンク>

 

 

7才の女の子のおすすめの髪型

 

7才の女の子のおすすめの髪型

 

着物に一番似合う髪型はやはり日本髪ですが、髪が肩甲骨に届くくらいの長さがあれば結うことが出来ます。

 

日本髪を結う時は、事前に美容院で日本髪を結うことが出来る美容師がいるかどうか確認しておきましょう。

 

また、どうしても日本髪を結うと時間がかかりますので、下の子が小さい場合には避けたほうが良いでしょう。

 

ひとつ結びは、シンプルな玉かんざしや華やかな蝶など、どれを使うかでがらっと印象が変わりますが、着物の柄に使われている色を使うのが間違いなくお勧めです。

 

近年は大きな花や生の花を使うこともありますが、一番重要なのは着物とのバランスで、大きすぎると頭でっかちに見えますし、小さすぎると着物に負けてしまいます。

 

また、生の花は花粉や花びらが散ったり、香りが強すぎたりすることもありますので、髪飾りではないところで楽しむ方が良さそうです。

 

写真館では事前に相談も出来るところが多いので、お子さんに「ここで七五三の写真撮るよ」と下見をさせつつ、写真館のスタッフに相談してみると良いでしょう。

 

お子さんも7歳になれば、自分の好きなものや自分の意見も言えるようになりますので、一緒にどれがいいか選ぶと良いでしょう。

 

前髪を揃えて切ると元気な印象で古典柄の着物に合いますし、一方前髪を伸ばしてサイドに流すと大人っぽい印象になり、洋風柄の着物に合います。

 

近年、洋風な着物でダウンスタイルの髪型にするのが人気ですが、本来着物は肌を見せないようにして、唯一首回りを見せ、このコントラストが美しさであるとされていますので、長い髪はアップスタイルにするのがお勧めです。

 

あまり一過性の流行を追ったスタイルにしてしまうと、あとから写真を見返した時に、かえって流行おくれの印象になってしまいます。

 

定番のスタイルとは、長く人々に愛されたから定番となっているので、それなりに理由や意味のあるものなのです。

 

どうしてもダウンスタイルにしたい場合は、写真館での撮影だけにしましょう。

 

神社のお参りの時にダウンスタイルだと、お辞儀をするたびに髪が揺れますし、つい気になって髪を触ってしまいますので、お参りにふさわしい態度ではなくなってしまいます。

 

また、食事会を控えている時も、お料理に髪が入るのではないかと周囲の人に気を使わせてしまう恐れがありますので、ダウンスタイルはNGです。

 

髪が長くて、写真館での撮影だけの日にダウンスタイルにしたいなら、ちょっとお転婆なイメージで元気な女の子にぴったりの「あんみつ姫」スタイルはいかがでしょうか。

 

普段前髪を下ろしているお子さんの場合、着物だからと前髪を上げてしまうと、大人っぽいを通り越して老けた印象になってしまうこともありますので、本番前に自宅で試してみて、お子さんに一番似合う髪型を探してあげましょう。

 

 

まとめ

 

3歳の女の子はあどけないかわいらしさがわかる髪型に、5歳、7歳はひとつ結びなど、すっきりとまとめた髪型がお勧めです。

 

髪飾りで印象はガラッと変わりますので、着物の柄の色と揃えてお子さんが似合うものを探します。

 

神社にお参りする時はお辞儀をしても崩れない、髪を触ることのない髪型を選びます。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました