七五三の母親の服装|スーツや着物が定番だけど私服でもいいの?

七五三 母親 服装 七五三

七五三の母親の服装

 

子供の健やかな成長を祝う七五三は、あれこれと子供のことばかりに夢中になってしまって、母親の服装は後回しになりがちです。

 

母親の服装はスーツや着物が定番と言われていますが、どのようなものが良いのでしょうか?

 

 

七五三に母親はどんなスーツを選べばよいか?

 

七五三に母親はどんなスーツを選べばよいか?

 

七五三の主役はお子さんですので、子供より目立つ服装はNGです。

ブラックフォーマルでもいいのですが、ちょっと暗くなりがちなのとフォーマル過ぎる印象を与えてしまいますので、紺やグレーのスーツがお勧めです。

 

パステルカラーのスーツも人気がありますが、若い母親が春先に着るイメージが強く、また周りの人の印象に残りやすいので、「また同じ服を着ている」と思われやすいです。

 

紺やグレーのシンプルなデザインのスーツなら、インナーのブラウスやアクセサリーを変えることで、違った印象を与えることが出来、着回ししやすいです。

 

しかし、胸元が大きく開いているインナーはだらしない印象になってしまうので避けましょう。

 

もし手持ちがないなら、卒園式や入学式にも着まわせるシンプルなスーツを選びましょう。

 

ブランド物や高価なものである必要はありませんが、洗濯をしてきれいにアイロンをかけたりクリーニングに出したりして、「清潔感」をキープしましょう。

 

秋のお参りの場合は寒いこともありますので、トレンチコートなどカジュアル過ぎないコートを用意しておきましょう。

 

また、父親と母親の服装にバラツキがあるとチグハグな印象になります。

 

女性の服装は選択肢が多いので、母親の服装を基準に父親の服装を選ぶと統一感がでます。

 

 

七五三に母親はどんな着物を着れば良いか?

 

七五三に母親はどんな着物を着れば良いか? 

 

七五三の主役はお子さんですから、訪問着、付け下げ、色無地など、子供の着物より格上にならないものが適しています。

 

縫い目の部分で模様がつながっているものが訪問着、縫い目の部分で模様がつながっていないのが付け下げ、模様がないのが色無地です。

 

また、お子さんの着物と同じ色にならないように注意します。

 

例えば、女のお子さんの着物が赤なら母親はピンクでも良いですが、お子さんの着物がピンクなら、母親はピンクを避けて黄色や青を選びます。

 

また、男のお子さんの着物が青なら、母親はピンクや黄色といった具合です。

 

レンタルなら格や季節にあった柄を用意してくれるので心配ないですが、秋の七五三のお参りなのに桜の模様など、手持ちの着物の柄が季節外れの場合は着用を見合わせましょう。

<スポンサーリンク>

 

父親と母親の服装の格を揃えることが大事なので、母親が着物を着る場合、父親はスーツならばOKですが、カジュアルな服は適しません。

 

着物を着る時に注意することは

 

1.肌を見せないこと

見せて良い肌はうなじだけです。手をあげて腕が見えてしまうのもNGですので、手を振ったりしないよう注意しましょう。

 

2.荷物は最小限にする

着物を着て大荷物を持つのはおかしいですし、着物がしわになってしまいますので、荷物は預けるか、父親に持ってもらうようにします。

 

3.アクセサリーは付けない

着物の時にアクセサリーは付けません。ピアス、腕時計も外します。

 

4.髪はすっきりとまとめる

髪を下ろしたスタイルが流行っていますが、着物には不向きです。

神社でのお参りの時にお辞儀をすることが多いので、お辞儀をしても髪が顔にかからないようにすっきりとまとめ、髪飾りも控えめにします。

また、明るすぎる茶髪は浮いてしまうので、黒く染めておきます。

 

5.メイクは控えめに

派手なつけまつげやマスカラばっちりのメイクは着物には不釣り合いですので、メイクを自分で行うなら、控えめなナチュラルメイクにします。

 

母親が着物を着ると準備に時間がかかってしまい、待たせる時間が長くなって子供がぐずる原因になります。

 

また動きに制約がでてきてしまいますので、下のお子さんがいる時やおじいちゃん、おばあちゃんを招いての食事会の時は洋装にして、写真館での撮影の時のみ着物を着用するなどの工夫が必要です。

 

 

七五三に母親はカジュアルな私服じゃダメ?どんな格好がベストなのか?

 

七五三に母親はカジュアルな私服じゃダメ?どんな格好がベストなのか

 

七五三は神社にお参りに行きますので、普段スーツを着ないカジュアル派の母親でも、普段着では神様に失礼になってしまいます。

 

卒園式や入学式のようなジャケットスタイルで、スカートは座った時に膝が出ないような丈のものを選びましょう。

 

スカートに抵抗があったり、下のお子さんの抱っこをする必要があるならパンツスタイルでもOKです。

 

パンツはスリム過ぎてもワイド過ぎてもカジュアルな印象になってしまいますので、気をつけましょう。

 

母親が妊娠している場合はワンピースでもOKですが、オーソドックスなスタイルで落ち着いた色を選びましょう。

 

 

どのスタイルでも、肌色のストッキングを身につけましょう。

 

ヒールの高い靴は歩きにくく子供の世話が出来ませんし、神社の境内に穴を開けてしまうことがあるので、プレーンなパンプスを選びましょう。

 

ミュールやサンダルなど、つま先が開いているものはフォーマルなシーンにはNGです。

 

神様に失礼がなく、お子さんの世話が出来るスタイルが一番ですね。

 

 

まとめ

 

七五三の主役はお子さんですので、母親は子供より目立たないような服装を選びます。

 

また神社へお参りに行きますので、神様に失礼のない”清潔感”のある服装、具体的には卒園式や入学式にも着られるようなスーツか、訪問着、付け下げ、色無地の着物を着用します。

 

家族写真を撮る予定がなくても、「ママと一緒がいい」とお子さんが言い出すこともありますので、後で写真を見返して後悔することのないよう、準備しましょう。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました