年末の大掃除は31日に行うと縁起が悪い?いつやるのがベストでダメな日ってあるの?

大掃除 31日 年末年始

年末の大掃除は31日に行うと縁起が悪い

 

12月の師走はとても忙しく、特に年末は翌年のお正月に向けてやることが沢山ありますよね。

 

短いお正月休み、おせち作りや年賀状の作成などしていたらあっという間に大晦日を迎えてしまいますが、その中でも大掃除は億劫になり後回しにしてしまう方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、実は31日に大掃除をするのは良くないことなのです。

 

大掃除は、「煤払い」といって一年の穢れや厄を払いお正月の神様を迎える準備をするという神事の習わしが形を変えたものであり、現代でも日本各地の神社やお寺から各ご家庭まで、その風習は強く残っています。

 

大掃除は、普段手を付けない汚れと格闘したり押入れや物置を一から整理したり、と普段の掃除と比べかなり仕事量が多く体力も気力も使いますので、なるべく一気に片付けてしまいたいものです。

 

ここでは、12月31日は大掃除をしてはいけない理由や、大掃除するに当たって縁起がいい日など、大掃除にまつわる疑問にお答えします。

<スポンサーリンク>

 

年末の大掃除を31日にするのは縁起が悪いの?

 

年末の大掃除を31日にするのは縁起が悪いの?

31日に大掃除をしてはいけない理由は、実はお正月の飾り物「松飾り」にあります。

 

上記にもありますが大掃除は神様を迎える大切な準備であり、その大掃除を31日に終えてから松飾りを飾ると、「一夜飾り」といって神様に対して失礼な行為になってしまうのです。

 

そんな理由を知ると、31日に大掃除をしてはいけないことも頷けます。

 

反対に先にお飾りをしていればいいのかと言ったらそういう訳でもありません。

 

そもそも、31日は翌年に繋がる大晦日なのであまり忙しく動くものではありません。

 

また大掃除は家中を掃除する日ですから、掃除だけではなく断捨離などで普段の掃除や片づけよりもゴミが沢山出てきますよね。

 

地域によって年末年始のゴミの回収日は様々ですが、せっかくきれいに掃除したにも関わらず、年内の回収がすべて終わってしまっているために、ゴミ袋の山と新年を迎えるのは嫌ですよね。

 

こういった面から考えても、余裕をもって最後のゴミ出しの前日までには片づけられるようにするべきですし、また、たった一日で大掃除を済ませてしまうのは難しく、例え出来たとしても大晦日の夜や元旦に疲れが出てしまってはせっかくのお正月が台無しです。

 

年末の大掃除は一年に一度で、年が明けるといつも暮らしている我が家は、お正月の神様だけではなく家族や親せきなど大切な人達が集う場所にもなります。

 

一人暮らしの方には一見、縁がない事のように思えますが、その一年お世話になった自分の居場所を綺麗にすると、本当に自分の心身を清めたかのような清々しい気持ちになれることでしょう。

<スポンサーリンク>

 

大切な大仕事だからこそ、夏休みの宿題をコツコツやるように大掃除も時間に余裕を持ち一ヵ所、一ヵ所、丁寧に感謝の気持ち込めながら計画的に行いましょう。

 

<スポンサーリンク>

 

年末の大掃除を行うベストな日

年末の大掃除を行うベストな日

 

近年の年末の日本といえば、25日のクリスマスが終わった途端にお正月ムードになり、そこからの一週間は忙しなくお正月の準備が行われると思います。

 

もちろん、年賀状やおせちの予約販売などは10月~と随分早く開始されますが、年末の大掃除は一年の汚れを落とすといった意味がありますので、あまりにも早く始めるのはいただけません。

 

では、年末の大掃除はいつ行うのがベストなのか?ですが、大掃除を始めるにあたって縁起が良いとされるのは12月13日なのです。

 

12月13日は物忌(ものいみ)といってお正月の神様をお迎えする前に心身を清める事を指す、つまり自分自身を清めるという行為を、家中の汚れを清めることによって神様に表しているのですね。

 

そして、13日からスタートした大掃除は31日の大みそかまでに終わらせるのが一般的です。

 

年末の大掃除を行ってはいけない日

 

年末の大掃除を行ってはいけない日

 

31日に大掃除を行ってはいけない理由がお正月飾りにあると上記にも説明しましたが、実は31日に限らず大掃除を行ってはいけない日が29日と1月1日元旦にあるんです。

 

まず、29日は「9=苦」という文字に繋がり、29日に大掃除をしてお正月飾りを飾ると「苦(9)を待つ(松戸飾りのこと)」とされ縁起が良くないとされてきました。

 

お正月飾りはクリスマスが終わってから(25日から)28日までに飾るのが正式なやり方だとされていますが、そうすると、31日までに大掃除を終わらせるより28日までに終わらせた方が良いかと思います。

 

また、1月1日の元旦に大掃除をするとせっかく迎え入れた福を祓うことになってしまいますので、師走の忙しい時期にスケジュールを調節するのは大変かとは思いますが、お正月の神様を気持ちよくお迎えしその一年を良い年にするため、29・31・1日に大掃除をするのは避けましょう。

 

 

まとめ

 

☆大掃除は神様をお迎えするための神事!

☆神様に失礼にならないよう29・31・1日は避けるべし!

☆お正月飾りも正しく飾り福を呼び込もう!

 

いかがでしたでしょうか?

 

私が小さい頃、自分の部屋や持ち物の汚れを自ら掃除をする時、その物や家に「ありがとう」の気持ちを込めて感謝しながら綺麗にするのよ、と教わりました。

 

頭では分かってはいるのですが、大人になりつい日常の忙しさに囚われてそんな当たり前の感謝の気持ちでさえも持てなくなってしまっています。

 

年に一度のお正月・・・。お正月神様の為だけではなく家族の為に身の回りの持ち物や家に感謝の気持ちを込めてお掃除をしてみませんか?

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました