十五夜の由来とは?ウサギやススキの意味ってなに?

十五夜 由来 生活

十五夜の由来とは?

 

まん丸お月様がキレイな十五夜ですが、そもそも十五夜とは何かという質問をされたときに、十五夜がどんな日なのかをすぐに答えられますか?

 

満月の日は毎月ありますが、だからといって十五夜も毎月あるものというわけではなく、一年のうち一回、8月の満月だけが十五夜と呼ばれている日なのですが、ではなぜ8月の満月だけが特別なのかについて紹介します。

 

<スポンサーリンク>

 

十五夜の由来とは?

 

十五夜の由来とは?

 

十五夜とは字のごとく15日の夜という意味ですが、前述の8月は旧暦ですので、今のカレンダーでいえば十五夜は9月中旬頃から10月初旬を指します。

 

十五夜は別名「中秋の名月」とも呼ばれていますが、まさに秋の真ん中、中秋というわけです。

 

秋に満月がキレイに見えるのには、実は秋の気候が関係しているのです。

 

夏が終わり秋になるころには空気が乾燥して、空が高く感じられるようになりますが、秋の気圧は中国方面の大陸から流れてくる気圧です。

 

ちなみに夏の気圧は太平洋側の海から流れてくる気圧で、海から来るので水分を含んでいるために湿度が高いのですが、秋の気圧は大陸から流れてくるため、夏の気圧より湿度が低く、湿度が低いと空気の透明感が高くなります。

 

空気の透明感が高いと空が澄み渡って見えますが、これは夜空にもいえることで、秋は他の時期よりも空気がきれいで月も星もキラキラと美しく見えることが多いため、「中秋の名月」と言われるようになりました。

 

さてこの中秋の名月ですが、秋に美しいのは空気のおかげとしても、どうして十五という数字がつくのでしょうか。

 

そもそも月は15日周期で新月から満月に変化していきますが、これは月と太陽と地球の関係上、太陽の光の当たり方や黄道の影響により月に当たる光が変化するためで、満月は、太陽光が反射して月全体に光が当たっている状態なのです。

 

そして8月の月全体に光が当たる時期というのが旧暦の15日頃だったのです。

 

平安の時代、空気の乾燥した秋の始まりに漆黒の夜に浮かぶ孤高の輝きを持つ月は特別な存在であり、人々は美しい自然を愛でながら歌を詠んだりお酒を飲んだりしました。

 

きっと古代の人々には、この空気の透明感などという科学的なことは分からなかったでしょうが、それでも満月の輝きの美しさは見事で女神のようにも見えたのでしょう。

 

古代の人々は、この15日の夜の満月を特に気に入って、1年に一度特別な月見の日とし、それが満月を愛でる日の呼び名として残り、現在に伝わったのです。

 

<スポンサーリンク>

十五夜の月にウサギがいるって言われる意味って何?

 

十五夜の月にウサギがいるって言われる意味って何?

 

この十五夜に月をよく見ると、満月にうっすらとみえる影で、ウサギが餅をついていると言われることがあります。

 

クレーターにかかる光と影の影響によってこのように見えるのですが、古くから多くの人がこの見た目の印象から、月にウサギがいると信じてきました。

 

今回は、実際にウサギがいるのかというところではなく、どうしてこんな逸話がついたのかということに着目します。

 

実は月のウサギは仏教の祖でもあるお釈迦さまが関係した神話が由来となっているのですが、お釈迦さまはもともとインドの方で、この神話もインドで古くから伝わっているお話です。

 

むかしむかし、インドにサル、キツネ、ウサギがお釈迦様に使えて暮らしており、サルは手足を上手に使い、キツネはその巧みな知恵を使い、お釈迦様に使えて人々を救っていました。

 

しかしサルやキツネと比べて自分は何もないと感じていたウサギは、自分が唯一できることは自己を犠牲にして空腹の人を救うことだと思いました。

 

お釈迦さまは、そんなウサギの自分を犠牲にする姿勢を哀れに思い、そして自己犠牲せず生きてゆけるよう、人のいない月にウサギを送ったといわれています。

 

さらに中国では、このウサギが月に送られた後も人々のために不老不死の薬を煎じ、人々のために働いているとされています。

 

 

十五夜にススキや団子はなぜ必要なの?

 

十五夜にススキや団子はなぜ必要なの?

 

では十五夜のイメージでウサギのほかにお団子やススキを想像しますが、どうして満月にはお団子やススキが供えられているのでしょう。

 

これは信心深い日本人の性質によるもので、まん丸なものをお供えして、まん丸お月様が出ますようにとお願いするという意味がありました。

 

十五夜の月の出る秋は多くの作物の収穫時期でもありますが、豊かな生活のためには多くの作物を収穫することが不可欠であるため、来年も沢山収穫できますようにと、感謝と来年の豊作を願い満月に同じ形をしたお団子をお供えしていました。

 

そしてもうひとつススキですが、こちらも五穀豊穣に由縁があり、ススキは沢山の実がついた稲穂を連想させるため、昔の人はススキを供えて沢山の稲に実がつく様に月にお願いしたのです。

 

稲の収穫はこの十五夜の後ですから、収穫前にお祈りするということです。

 

そしてススキを見たことがある方ならご存知でしょうが、ススキは刈ったときに先が鋭くなることから、魔よけという意味もあるのです。

 

 

まとめ

 

日本には沢山の風習があり、そのどれもが家族の無事や五穀豊穣を祈って行われますが、そして十五夜はその中の一つです。

 

古代の雅な日本の文化を、現代の私達ももう一度見直して楽しんでみるというのも、なかなかおつなのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました