勤労感謝の日とは?

 

2018年の11月23日は勤労感謝の日ですね。

 

勤労感謝の日とは、言葉は知っていても、どのような意味や由来があるのかを知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

実は私たちが思い込んでいる「勤労者への感謝する日」とは全く違う意味が込められた日なのです。

 

過去にどのようなイベントや企画が行われていたか?についてもまとめていくので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

勤労感謝の日とはどんな意味や由来があるのか?

 

勤労感謝の日とはどんな意味や由来があるのか?

 

勤労感謝の日とは、その字の通りに勤労(働いている)している人に感謝の気持ちを伝える日である、と思っている方が非常に多いです。

 

しかし勤労感謝の日の由来を見ていくと、このような由来ではありませんでした。

 

実際はというと、五穀豊穣を感謝する儀式が行われる日である新嘗祭が由来といわれています。

 

新嘗祭は、戦後の連合国軍による占領政策により廃止されることとなり、名称が変更して勤労感謝の日として設けられるようになったようです。

 

ではいったい、勤労感謝の日がある意味はなんなのでしょうか。

 

現在は、「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」とされています。

 

由来は新嘗祭であるため、確かに勤労感謝の日が制定された頃は農業人口も多く、国民全体で収穫をお祝いしていました。

 

しかし現在の日本は仕事が多様化してきており、収穫のお祝いを勤労感謝の日とするのは違和感があるため、このような意味が制定されたのではと思われます。

 

勤労感謝の日は、働いている人に感謝するための日というよりは、生産しているすべての人がお互いに感謝をしあうための日である、と言えるのではないでしょうか。

 

ちなみにですが、ハッピーマンデー制度というのを知っていますでしょうか。

 

ハッピーマンデー制度とは祝日を何日と決めず、第何週の月曜日と定め、土日と合わせて3連休になるようにした制度です。

 

3連休でハッピー!となることから、ハッピーマンデー制度という名前が付いたと思われます。

 

例えば、敬老の日は9月の第3週の月曜日となっており、ハッピーマンデー制度が導入されています。

 

しかし勤労感謝の日ではハッピーマンデー制度は導入されず、毎年11月23日です。

 

この理由が、勤労感謝の日の由来である新嘗祭が祭日だったからだといわれています。

 

祭日が祝日となった日に関してはハッピーマンデー制度が導入されず、元の祭が行われていた日のままとなるのです。

 

 

勤労感謝の日は何するの?

 

勤労感謝の日は何するの?

<スポンサーリンク>

 

「勤労感謝の日は何をする日なの!?」と子供に聞かれるかもしれません。

 

祝日にはそれぞれ意味があり、〇〇しましょうというものが決まっていることが多いです。

 

先ほど由来のところで紹介しましたように、勤労感謝の日は新嘗祭という五穀豊穣を感謝するための日であるといわれています。

 

今でも新嘗祭が執り行われているところがありますので、出かけてみてもいいのではないでしょうか。

 

有名なところでいえば、三重県にある伊勢神宮で新嘗祭が行われています。

 

他には東京の波除稲荷神社でも行われています。

 

住んでいる地域で探してみると他にも行っているところがあるかもしれませんので、近くの神社などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

勤労感謝の日はどんなイベントや企画があるの?

 

勤労感謝の日はどんなイベントや企画があるの?

 

勤労感謝の日に行われていたイベント・企画について紹介していきます。

 

・2017年11月23日 茨城県青沼春日神社 どぶろく祭り

 

青沼春日神社で開催されたイベントです。

 

ここでは参拝客に無料でどぶろくが振舞われ、どぶろくを楽しみに毎年来る人も少なくありません。

 

どぶろくは作るのが大変なため高価なので、このように無料で振舞われるのは嬉しいですね。

 

・2017年11月23日 三重県大森神社 大森神社どぶろくまつり

 

五穀豊穣を祝う神事が行われます。

 

こちらの神社でもお昼からはどぶろくが無料で振舞われるため、毎年多くの人がどぶろく目当てにやってきます。

 

・2017年11月23日 山口県柳井市体育館周辺 柳井のまつり

 

勤労感謝の日の由来でもある新嘗祭として、収穫を感謝するお祭りです。

 

花傘踊りを見ることができ、さらに鯛めしやアラ汁といったおいしいものを食べることもできます。

 

白壁の街並みでは矢場や射的といった楽しいイベントも行われるので、大人も子供も一緒になって楽しむことができると思います。

 

勤労感謝の日のイベントを見てみると、どぶろくが振舞われるイベントがたくさんありました。

 

どぶろくは米・米麹・水を発酵させただけの白く濁ったお酒です。

 

昔は家でも作られていたようですが、今は国税庁の許可が必要となっていますので気軽に飲むことができなくなりました。

 

だからこそ無料で振舞われるどぶろく目当てに多くの人がやってくるようです。

 

ではなぜ勤労感謝の日にどぶろくなのか。

 

それは勤労感謝の日の由来となった新嘗祭でどぶろくが作られ、神前にお供えしていたからであるといわれています。

 

その名残から、勤労感謝の日にどぶろくを振舞っている神社が多いというわけです。

 

 

まとめ

 

勤労感謝の日とは、自分が思っていた意味とは違う事に驚く方も非常に多いです。

 

由来を探っていくと、勤労感謝の日の意味がしっとかりと見えてきますよね。

 

また、当日に開催されているイベントについても紹介してみましたが、勤労感謝の日がどのような日なのか子供に聞かれた場合は、ぜひ今回紹介した意味や由来を教えてあげるようにしてください。

 

それにしても「どぶろく」が振舞われる地域やイベントがあるのも、私も恥じえて知りました!

<スポンサーリンク>