京都の修学旅行ではどんなお土産が喜ばれる?

 

京都といえば、季節によって色々な顔を見せてくれますよね。

 

有名な神社仏閣がたくさんありますし、その魅力を求めて、全国からだけでなく世界中から観光客が集まって来るところです。

 

「京都へ一度は行ってみたい」と思う高校生の修学旅行に喜ばれるお土産や、食べてみたいグルメ、その修学旅行にいくらお小遣いを持っていけばいいかなどを紹介していきます。

 

京都の修学旅行で人気のお土産 ベスト3

 

京都の修学旅行で人気のお土産 ベスト3

 

1、阿闍梨餅

 

京都の和菓子店「満月」の名声を動かぬものにしたのは、大正時代2代目の当主が開発した和菓子、「阿闍梨餅」です。

 

阿闍梨餅とは、もち米をベースに氷砂糖と卵などさまざまな素材を練り合わせた生地に、丹波大納言小豆の粒あんを包んで焼いた、半生菓子です。

 

しっとりとした皮と、あっさり風味のあんが見事に混ざり合い、とてもおいしいです。

 

2、八ツ橋

 

京都のお土産として、1番に思い浮かべるのは「八ツ橋」ではないでしょうか。

 

歴史は古く、誕生は江戸時代中期、元禄2年(1689年)といわれています。

 

八ツ橋の材料は、米粉と砂糖、香りづけをするニッキです。

 

ニッキとは、世界最古のスパイスであるシナモンのことで、八ツ橋に欠かせない風味となっています。

 

その日の気温や湿度に合わせて、水の量や蒸す時間を調節しながら仕上げていくようですよ。

 

生八ツ橋も味は20種類以上あります。

 

生地は少し硬くしていて、噛みごたえがあるところが特徴です。

 

3、京都のお漬物

 

お漬物といっても種類はたくさんありますが、特に有名なのが「千枚漬け」です。

 

カブラを薄く切り、昆布と塩とトウガラシで漬け込んだものです。

 

舌触りがとても滑らかで繊細なのですが、カブラの1枚1枚の薄さや味わいはお店によって違い、それぞれ特徴があります。

 

ほとんどの店で試食ができますので、好みの味を見つけてくださいね。

 

もうひとつ、京都の代表的な漬物に「すぐき漬け」があります。

 

すぐき漬けといったら「なり田」、といわれるくらい有名な漬物屋さんが作りはじめたそうです。

 

京野菜であるすぐきはカブラの一種で、中に含まれているラブレ菌が免疫力を高め、健康に 良いと注目されてきました。

 

シャキシャキとした歯ごたえは癖になりますし、葉も一緒に食べることができます。

 

味も良く、ほかの漬物とは一味違った酸味が楽しめますよ。

 

 

京都の修学旅行におけるお小遣いの相場~高校生編

 

京都の修学旅行におけるお小遣いの相場~高校生編

<スポンサーリンク>

 

京都に着いたら、電車で移動をすることもあるのではないでしょうか。

 

また、自由時間にはご飯を食べたり、親からお土産を頼まれたりするかもしれませんので、お小遣いとして2万円くらい持っておくのが相場となるでしょう。

 

1万円札で持って行くと、落としたり無くしてしまったりしたときに大ピンチに陥ってしまいますね。

 

5千円札と千円札に細かくくずし、トランクの中に入れておく分と持ち歩く分に分けておくといいでしょう。

 

泊まるホテルや旅館によっては部屋に金庫が付いていることがあるので、そこに一部を保管しておくと安心です。

 

 

京都への修学旅行で食べておきたいグルメ ベスト3

 

京都への修学旅行で食べておきたいグルメ ベスト3

 

1、湯豆腐

 

京都のグルメといったらまずは湯豆腐をおすすめします。

 

湯豆腐の聖地といわれている、京都の南禅寺にお店があります「奥丹」が有名です。

 

日本家屋の中から、京都の風情あふれる景色を楽しみながら豆腐料理をいただけるお店です。

 

豆腐は、しっかりとした固さの「昔どうふ」と、柔らかい「おきまり」の2種類から選ぶことができます。

 

2、すき焼き

 

京都ですき焼きといったら「三嶋亭」です。

 

明治6年から続いている、京都を代表する老舗のすき焼き屋さんです。

 

八角形の南部鉄器のお鍋で給仕の人がお肉を焼いてくれるので、できたてをすぐに食べられます。

 

3、うどん

 

平安神宮の近くの岡崎公園のすぐ横にあるうどん屋さん「山元麺蔵」をおすすめします。

 

平日に行ってもいつも行列ができている、すごく有名なうどんのお店です。

 

麺はこねるところからすべての工程を手で行われています。

 

このお店で、ぜひ食べていただきたいのが「揚げ餅みぞれうどん」です。

 

揚げ餅はフカフカしていてモチモチ、だしの効いたお汁との相性はバッチリです。

 

麺に捻りを加えた盛り付けなので、見た目もとても綺麗ですよ。

 

 

まとめ

 

京都へ修学旅行に行ったら、誰もが一度は行ってみたい場所は「清水寺」だと思います。

 

「清水の舞台から飛び降りる」とことわざにもあるくらい有名なお寺です。

 

清水寺の入り口から見ることができる仁王門や三重塔は、京都らしい景観で、とても素晴らしい所です。

 

次に人気がある場所は、「龍安寺」です。

 

石庭の何ともいえない物静かな雰囲気は、ついついゆっくりと居座ってしまいそうになるのではないでしょうか。

 

15個の石が置いてあり、全てを同時に見ることができないという不可思議な造りにも注目です。

 

また、回遊式庭園をじっくりと楽しむこともできます。

 

そして「平安神宮」も大変人気のある観光地です。

 

平安京を再現しようと明治時代に建てられた神社で、朱色の鮮やかな建造物が特徴の、京都の名所となっています。

 

他には、南禅寺の三問など、観光しておきたい京都ならではの神社仏閣がたくさんあります。

 

また桜の花が咲く頃には、建物と桜がマッチして、なんともいえない風景が見られると思います。

 

京都に修学旅行で行くのであれば、ぜひ、良い季節に良い思い出を作っていただきたいです。

<スポンサーリンク>