メンズレインコートの機能と選び方|雨の日でもスーツに合うのは?

レインコート メンズ おしゃれ メンズファッション

メンズレインコートの機能と選び方

 

毎日の通勤でお疲れの旦那様に少しでも快適に過ごしてもらいたい、と思っている優しい奥様、雨の日にレインコートはいかがですか?

 

日本の四季はとても風流で素敵ですが、梅雨の間は少し憂鬱で、雨にはできるだけ濡れたくないもの。

 

ですが、いつもの通勤は傘で事足りているし・・・、レインコートは少しダサい気がするし・・・、なんて声も聞こえてきます。

 

傘は手軽でいいのですが、デザインによっては前が見えにくかったり、突風に少し弱いことがあったりしますので、やはり安全面を考えてもレインコートがおすすめです。

 

レインコートの種類も扱うメーカーも増えてきているので、安心してください。

 

性能も、もちろんデザインも気に入るものがあるかもしれませんよ。

 

 

日常のおしゃれなメンズレインコートの紹介

 

日常のおしゃれなメンズレインコートの紹介

 

皆様は、レインコートといわれた時、何を思い出したりイメージしたりしますか?

 

私は、通学時に着たような黄色一色の重くて少しダサいレインコートや、チェックの黒っぽいレインコートを思い出します。

 

ひと昔前までは、やはり、雨の日に濡れないことだけを重視したようなデザインだったように思います。

 

機能性重視でカバー力がある反面、そのデザインはいまいち・・・というイメージですよね。

 

ですが、今はデザインも性能もすごく進化しているレインコートがたくさん販売されています。

 

男性ならば特に、短いタイプのものより長いタイプのスタイリッシュなものの方が似合うはず。

 

ブランドのメンズレインコートも発売されていますし、気軽にレインコートを使いたい場合はポンチョ型のものもあります。

 

通勤が徒歩でなく自転車の人もいると思いますが、その場合はバックパックインハーフコートはいかがでしょうか?

 

背中にチャックがついており、これを開けるとかばんを背負ったままレインコートを装着できる、とても便利なものです。

 

荷物の多い雨の日も楽にレインコートを楽しめますね。

 

 

レインコートは機能性で選ぶ?それともファッション重視で選ぶべきか?

 

レインコートは機能性で選ぶ?それともファッション重視で選ぶべきか?

 

今はレインコートのデザインも良くなっていると言いましたが、やはり一番重視するのはレインコートとしての機能ですよね。

 

まず、レインコートの機能で確認しないといけないことは、耐水性と透湿度です。

 

耐水性は水の染み込みにくさの目安です。

<スポンサーリンク>

 

20,000mmは嵐レベルでも大丈夫、10,000mmは大雨でも大丈夫、2,000mmは100円均一ショップ程度の耐水性です。

 

透湿度は汗など体の湿度を外に出す度合いです。

 

この数値が高ければ高いほど蒸れにくく快適になりますし、数値が低いレインコートは外の雨に強くても自分の湿気で不快になることがあります。

 

透湿度は5,000g以上ないとベタつきやムレを感じやすいので、できれば20,000g以上あると雨の日の自転車通勤も快適でしょう。

 

そしてデザインですが、レインコートの形としては、一般的なレインコート型、ポンチョ型、そして上下に分かれているものと大きく3つに分かれています。

 

どれを選んだらいいのかは、好みと通勤などの使うシーンによって変わってきますので、購入時はよく考え、お好みのものを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

スーツにも合うメンズレインコートはコレ!

 

スーツにも合うメンズレインコートはコレ!

 

やはり、男性がレインコートを使うシーンは通勤途中が多いと思います。

 

ですので、スーツに似合うおしゃれなレインコートが必要ですよね。

 

最近のデザインは本当に素敵なものも多く、ぱっと見てもレインコートに見えないものがたくさんあります。

 

その中でスーツにおすすめのデザインとして、まず、トレンチコート型のものはいかがでしょうか?

 

ぱっと見本当にトレンチコートにしか見えないので、冬場は特に違和感なく使用でき、スタイリッシュです。

 

そのほかにはステンカラーコート型のレインコートもあります。

 

ステンカラーコートとは、男性用のコートの一種で、後ろ襟が高く、前が低く折り返す形が特徴的なデザインです。

 

お値段はやや張りますしブランドものが多いようですが、長く愛用するにはいい品物だと思います。

 

これら2つはデザイン重視なので、傘と併用した方がいいかもしれませんが、ポンチョ型のフード付きレインコートでしたら着用も簡単で単品でも使えるのではないでしょうか。

 

また、定番のレインコート型も単品で使用できますので、どこまで実用性とデザインを兼ね合わせるかは使う人の好みになります。

 

そして、レインコートの形も重要ですが、色使いもとても大切ですよね。

 

おすすめはやはりダーク系の黒、灰色、ダークブルー、もしくはトレンチコートによくあるベージュやブラウンで、無地のものがいいように思います。

 

他にも、シースルーやドット柄もありますが、デザインによっては少し安っぽく見えてしまいます。

 

ビジネススーツに合わせる色ですので、あまり派手な色は控えた方が無難かもしれませんね。

 

 

まとめ

 

雨というのは時に風流に思えますし、私たちが生きるためにも植物にとっても、すごく大切なものですが、あまり濡れたくはないですよね。

 

特に通勤時に雨に降られると、朝から気分が下がってしまうこともあるかと思います。

 

しかし、お気に入りのレインコートがあると、雨の日も楽しく気分よく通勤できるかもしれません。

 

デザインもこの頃は洗練されたものが多く、また量販店にもたくさんの種類がありますので、手に入りやすいです。

 

梅雨時期のうっそうとした気分を晴らすためにも、レインコートを新調してみませんか?

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました