敬老の日のメッセージカードは手作り!子供も簡単に作れるアイディア集

敬老の日 メッセージカード 手作り 祝日

敬老の日のメッセージカードは手作り

 

 

敬老の日にはおじいちゃん、おばあちゃんに日ごろの感謝の気持ちを伝えるべく、メッセージカードを手作りしてみませんか。

 

例えば母の日に、お子さまからありがとうメッセージをもらった経験はあるでしょうか。

 

幼稚園でお子さまが一生懸命描いたお母さまの似顔絵に、感激したことを思い出してください。

 

「あら、私かしら」と苦笑いしながらも、ありがとうの気持ちが100%詰まったプレゼントが嬉しかったと思います。

 

おじいちゃん、おばあちゃんにもぜひ手作りのメッセージカードを贈って、感謝の気持ちを伝えましょう。

 

<スポンサーリンク>

 

敬老の日のメッセージカード 子供にも簡単な作り方

 

敬老の日のメッセージカード 子供にも簡単な作り方

 

メッセージカードというと、文房具店でカードを買って用意して、仰々しくメッセージを書かないといけないと思われる方もいるかもしれません。

 

ですが、ご家庭にあるものでも素敵なメッセージカードは作れます。

 

まずは、おじいちゃんやおばあちゃんの似顔絵をお子さまと一緒に描いてみましょう

 

上手に描けるなら、その画用紙をそのままメッセージカードに変身させることができます。

 

色画用紙を使ったり、マスキングテープやリボンを張り付けたり、お子さまの思うように好きに飾り付けさせてください。

 

お絵描きが上手にできないんじゃないか、失敗したらもう一度描き直しかな、と心配なさっているお母さま、安心してください。

 

画用紙に描いてから、できた絵を切り抜いて別の画用紙に貼り付ければ、世界でたったひとつの素敵なメッセージカードができあがります。

 

そこにまた幼稚園で習った折り紙などを折って、飾り付けをするのもいいですね。

 

これならお子さまも一緒に、簡単に作ることができます。

 

母の日に飛び出すメッセージカードを贈ろう

 

敬老の日のメッセージカードの色々なアイディア

 

敬老の日のメッセージカードの色々なアイディア

 

半分に折った画用紙を開けると、張り付けたおじいちゃんやおばあちゃんが飛び出てくるように工夫したメッセージカードはいかがですか。

 

飛び出すメッセージカードの作り方の例

 

1.用紙を半分に折り、飛び出させたい大きさに切り込みをまっすぐ2本入れ、もう1本は斜めに切り込みを入れます。

 

飛び出すメッセージカードの作り方の例1

 

2.○の部分を広げて表側へ山折りにし、△の部分は横に飛び出るように折ると、基本の形は完成です。

 

2つとも正面を向いたアイテムを貼りたい場合には、△の部分は切らずに、少し離してまっすぐ2本切り込みを入れるともう一つ土台ができます。

 

飛び出すメッセージカードの作り方の例2

 

3.○の部分におじいちゃんおばあちゃんの似顔絵や写真など、メインのアイテムを貼り付けます。

 

△の部分は、アイテムが正面を向かないのでお花や星などの飾りのアイテムを貼りましょう。

 

飛び出すメッセージカードの作り方の例3

 

お絵描きがまだ上手に描けないお子さまならば、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に撮った写真を切り抜いて貼るのもいいですね。

 

飛び出すメッセージカードにする場合は、アイテムを左右や中心のどこに貼り付けるかで、切り込みを入れる位置が変わってきます。

 

また、貼り付けるアイテムを1枚にするか2枚にするかでも切り込み数が違いますので、できあがりを考えてから切るようにしましょう。

 

貼り付けたアイテムで隠れてしまう部分を考慮して、メッセージを書く位置を決めるようにしてください。

 

台紙には、色画用紙を使ったり、お花や星、青い空、海など素敵な背景を描いたり、シールなどを貼り付けたりしてみてはいかがでしょうか。

 

お子さまの手形や足型を押してみるのも、手作り感があって素敵なアイディアです。

 

にんじんを使って花や星のハンコを作ってあげて、いろいろな色の絵の具を付けて、周りを飾るように押したり、折り紙をいろいろな形に切ってのりを付けて、背景に散りばめたりしてもきれいです。

 

いろいろなできあがりを想像しながら親子で一緒に作って過ごす時間も、幸せなものですよね。

 

世界でたったひとつのメッセージカードをもらったおじいちゃんやおばあちゃんは、お孫さんの健やかな成長を知ることができ、宝物にしてとても喜んでくれるでしょう。

 

<スポンサーリンク>

 

 

敬老の日のメッセージには何を書く?

 

敬老の日のメッセージには何を書く?

 

文字が書けるお子さまなら、お子さま本人がメッセージを書くことをおすすめします。

 

内容は短くても大丈夫です。

 

どんな言葉にしても、おじいちゃんおばあちゃんに伝えたい一言をお母さまとお子さまが一緒に決めるようにしましょう。

 

「おじいちゃん、だいすき」とか「おばあちゃん、またいっしょにあそぼうね」など、いつも話しているような、お子さまも理解できる簡単で短いメッセージが最適です。

 

文字が書けないお子さまでしたら、「おじいちゃんやおばあちゃんになんて言おうか?」と問いかけてあげて、お子さまの言葉を引き出してください。

 

いつも使う幼児語交じりでもそのままにして、お母さまがお子さまの手をとり一緒に書いてあげましょう。

 

おじいちゃんやおばあちゃんに、きっと気持ちが伝わるはずです。

 

この商品は現在取り扱いされていません

 

 

まとめ

 

どのようなメッセージカードにするのか、最初に全体像を考えて、レイアウトを決めてから制作に取りかかりましょう。

 

メッセージをどこに書くのか、似顔絵を直接描くのか、画用紙に描いて別の台紙に貼り付けるのか。

 

写真にする場合には、もちろんベストショットを選びましょう。

 

おじいちゃんとおばあちゃんの写真でもいいですし、お子さまだけの写真でも、家族全員で一緒に撮った写真もいいですね。

 

素敵なメッセージカードが完成しますように。

 

 

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました