喪中はがきを夫婦連盟で出す場合の文例|マナーと続柄の書き方

喪中はがき 夫婦連盟 喪中はがき

喪中はがきで夫婦連盟の場合の文例

 

なるべくなら書く機会が少ないほうがいい喪中はがきですが、実際書く機会もそう多くは無いと思います。

 

ですから、年末が差し迫ってきていざ書かなくてはならないというときが来ると、「あれ?どう書くんだったかな?この言葉は使って良いんだったかな?」などと、あたふたしてしまう方も多いのではないでしょうか?

 

今回は「奥さんの母親が他界したため、喪中はがきを書く」という場合を想定して、喪中はがきの書き方の文例などを説明していきたいと思います。

 

 

喪中はがき 夫婦連盟で出す場合の文例紹介

 

喪中はがき 夫婦連盟で出す場合の文例紹介

 

まずはじめに文例を、そしてその後に細かい説明をしていきたいと思います。

 

現在手書きで「喪中はがき」を出す人は少なく、テンプレートを印刷して使う方が多いかと思いますが、知っておいて損は無いと思います。

 

『 文例 』

 

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます

母○○が去る○月○日○○歳にて永眠いたしました

ここに本年中のご厚情を深謝いたしますと共に

皆様に良き年が訪れますようにお祈り申し上げます

 

平成○○年 十二月

 

住所

○○ 太郎

花子

TEL ○○-△△△△-◇◇◇◇

 

 

順を追って説明していきたいと思います。

 

  •  年賀欠礼挨拶

「喪中はがき」は、1年以内に近親者に不幸があった場合、喪に服しているので年末年始の挨拶や年賀状を控えさせていただく旨を送り先の方に伝えるはがきになります。

 

それゆえ、最初にくるのは、「年賀欠礼」のあいさつになります。

 

② 誰が・いつ・何歳で

続柄、亡くなった方の氏名、亡くなった日付、亡くなった年齢の順の表記になります。

 

(文例においては、続柄を「母」と記してありますが、続柄に関しては後ほど説明します。)

 

年齢に関しては、生まれた時点で「一歳」とし以降元旦を迎えるごとに一歳ずつ加えていく、いわゆる数え年での記載が正しいとされていますが、現在は満年齢の使用も多くなってきているようです。

 

また、「数え年」の場合は年齢の上に「享年」をつけ、満年齢の場合は「行年」をつけます。

 

  •  お礼文

お世話になったお礼と、今後に関する挨拶を述べます。

 

「文例」では、相手の方の新年に関してのみ書きましたが、今後も変わらぬお付き合いをお願いする言葉を書くこともあります。

 

④ 日付

日付は正確な日付ではなく、出す月の日付になります。

 

⑤ 名前・連絡先

苗字の下に夫の名前、夫の名前の横に妻の名前を書くのが一般的です。

 

 

喪中はがき 夫婦連盟続柄はどう書く?文例紹介

 

喪中はがき 夫婦連盟続柄はどう書く?文例紹介 

<スポンサーリンク>

 

上の項目で書きましたが、ここでは「続柄」について紹介したいと思います。

 

妻の母だから、「義母」?それとも「母」??続柄をどうするのか?というのも悩ましく、筆が止まってしまう点の1つだと思います。

 

先に述べておきますと、明確な決まりはありませんが、「差出人の筆頭者から見た続柄」を書くのが一般的です。

 

今回の「文例」では、妻の母という設定ですので、続柄は筆頭者である、夫から見たものということになります。

 

具体的な書き方としては、「義母 ○○(義母の名前のみ)」、「妻の母 ○○(義母の名前のみ)」、「母 ○○(義母の苗字と名前)」となり、「母 ○○」と記載する場合の苗字は当然ではありますが、妻の旧姓になります。

 

苗字も書くことにより「誰が亡くなったか」ということが明確になります。

 

また、妻の母を「岳母(がくぼ)」と呼ぶことがあります。しかしこれは、第三者がその方を呼ぶ敬称になりますので、喪中はがきには「岳母」という言葉は使わずに「義母」や「妻の母」と書いたほうがいいです。

 

送り先の相手に「誰が亡くなったのか」を明確に伝える必要があるので、しっかり書いておきましょう。

 

マナーを知ろう!喪中はがきNG文例集

 

マナーを知ろう!喪中はがきNG文例集

 

当然ですが、喪中はがきには「使うべきではない言葉」や、やってはいけない書き方なども存在します。

 

『 悪い文例 』

拝啓

 

喪中につき年賀のご挨拶を失礼させていただきます。

母○○が去る○月○日○○歳にて、永眠いたしました。

ここに本年中のご厚情を深謝いたしますと共に、

皆様に良き年が訪れますようにお祈り申し上げます。

敬具

 

平成○○年 十二月

住所

○○ 太郎

花子

TEL ○○-△△△△-◇◇◇◇

 

どの部分が悪いかお分かりになるでしょうか?

 

  • 「拝啓、敬具」などの頭結語は使わない
  • 句読点は使用しない
  • 「年賀」は使わない

 

①、②に関しては大きな問題ではないと思いますが、③に関しては注意が必要な部分になります。

 

「年賀」、「祝い」、「お慶び」などのおめでたい言葉を使うのは、マナー違反になりますので注意しましょう。

 

 

まとめ

 

もう少し、追加でマナーを記載していきたいと思います。

 

・ 年賀状などは横書きで書く方もいらっしゃると思いますが、喪中はがきは縦書が一般的です。

 

・ 筆記具は、「薄墨」または黒のペンどちらでもかまいません。

 

・ 通常のはがきは郵便番号を書く部分が赤色の枠になっていますが、赤=「祝いの色」となってしまいますので控えたほうがいいです。

*無地のはがきを購入して自分で書くか、喪中用のはがきを使った方がいいと言えます。

 

・ 最近では通常の切手を使用しても問題ないようですが、仏事の案内に使用する弔時用切手が郵便局の窓口で売っていますので、多少なりとも時間があるようでしたら、弔用切手の使用をおすすめします。

 

「喪中はがき(夫婦連盟)」の書き方の一例をご紹介いたしましたが、漠然としか知らなかったことや全く知らなかったことがあったのではないでしょうか。

 

機会は少ないとは思いますが、しっかりと覚えておきたい事柄の1つであると思います。

 

もし、「喪中はがき」を書かなくてはならなくなった時の参考になればと思います。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました