京都の紅葉はいつが見ごろな時期?準備しておきたい物も紹介

京都 紅葉 見ごろ 紅葉

京都の紅葉はいつが見ごろな時期

 

秋はベストシーズンの京都へ紅葉狩りに出かけるのがおすすめですが、せっかく京都まで足をのばすのですから、是非最も見ごろの紅葉を見て頂きたいものです。

 

そこで今回は、京都の紅葉の見ごろはいつなのか、その時期と、紅葉をより楽しむために準備しておきたい物をご紹介します。

 

 

京都の紅葉が見ごろな時期はいつ?

 

京都の紅葉が見ごろな時期はいつ?

 

京都の紅葉の見ごろは例年11月上旬から12月上旬ですが、毎年の気候や場所などの条件に左右されますので、まずは紅葉の時期をある程度予想できるように、紅葉のメカニズムを知っておきましょう。

 

冬が近づくにつれて、日照時間は短くなり、気温も低くなりますが、そうなると木々にとって必要な光合成も徐々に難しくなり、木々は「光合成頑張ってもほとんどできないし、大変だからもうそろそろ休んじゃおうかな~」と冬眠モードに入ります。

 

落葉樹は冬眠の間、必要ない葉を落としますが、その前段階として、葉と枝の間に壁を作って水や栄養を断ち、クロロフィルという緑色の要素を少しずつ壊します。

 

緑色が消えて、後にアントシアニンという赤い色素が生成されたり、カロテノイドという黄色い色素が残ったりすることで、黄色、赤色、オレンジ色といった美しい色の葉が出来上がるのです。

 

“日中の気温が8℃を下回る日が続けば紅葉する”とも言われていますが、昼間の気温をチェックしていれば、ある程度紅葉の時期が予測できるかもしれませんね!

 

また、寒暖差が激しい山間部や盆地などは美しい紅葉が見られるそうですから、盆地や山に囲まれた京都は条件に見事に当てはまっているのです。

 

因みに、日光が当たっている葉はアントシアニンが光刺激で合成されるため赤くなり、水辺は水分が葉の張りを保つため瑞々しいそうです。

 

京都では洛北の比叡山、鞍馬寺など山間部のほうが紅葉の見ごろが早く訪れ、洛中の下鴨神社、北野天満宮などは比較的紅葉の始まる時期が遅いので、そんな地理的事情も参考になさってください。

 

 

京都の紅葉を見るのに準備したい物

 

京都の紅葉を見るのに準備したい物

 

綺麗な紅葉に心身共に癒されるためにも、事前準備は怠らないようにしたいものです。

 

先程も言及したように、京都は盆地であり、又、紅葉の名所は山間部に多く、それらの地域は、お日様が出ている時間と沈んだ時間とで全然体感温度が違いますので、まず防寒具を必ず準備しましょう。

<スポンサーリンク>

 

日中は汗ばむ程の陽気であっても、夕方になると肌寒く感じられますので、ウインドブレーカーやパーカーなどの上着を持って行くべきです。

 

又、京都はお洒落な街ですから、ちょっと綺麗にしたくなるけれど、紅葉の名所を巡るには、知らず知らずのうちに結構な距離を歩いてしまうものです(それくらい、京都には見どころが沢山あって素敵だということです)ので、靴は履きなれたものを履いて行かれることをお勧めします!

 

それから、これは経験上ですが…京都の紅葉の名所近辺は、意外とレストランが無かったり営業時間が短かったりするほか、バスも本数がとても少なかったり、最終バスの時間が早かったりしますので、食事処の営業時間やバスの場所・時間を事前に確認しておきましょう。

 

私は貴船神社を訪れた際、夕飯を食べ損ねるは、バスが無くて電灯も殆どない暗い山道を怖い思いをしながらひたすら歩かなければならないは、と忘れられない経験をしましたし、ライトアップの時期の北野天満宮ですら、周りに食事するお店が見つからなかった程です。

 

京都は四条駅や三条駅界隈の街の華やかなイメージもありますが、寺社仏閣や山間部へ紅葉を見に行かれる際には「まさか!?」が無いようにどうぞお気を付けください。

 

 

京都の紅葉名所はどれだけ渋滞するの?

 

京都の紅葉名所はどれだけ渋滞するの? 

 

京都の紅葉は大人気で、全国はもちろんのこと海外からも人が詰めかけるため、この時期、京都の道路は大変渋滞します。

 

京都はよく道が碁盤の目のようだと言われ、大通りを脇道へ逸れれば進みやすいように思われますが、この脇道は一方通行が多く慣れていないと目的地までかなりの時間を要しますし、紅葉の時期は交通規制もありますので、マイカーも厳しいものがあります。

 

また、マイカーで行かれる際には駐車場が必要となりますが、名所近くの駐車場はまず満車で停めることが難しく、少し離れたコインパーキングに停めて、徒歩で目的地へ向かうことが多くなるかと思いますが、駐車料金は京都の強気(?)で高いです。

 

土日祝日は特に渋滞が酷いですが、一方で平日は少し落ち着いていますので、可能であれば平日の観光をお薦めします。

 

どうしても土日祝日しか時間が取れないという場合は、早朝や早目の時間に切り上げて帰るなど、少しタイミングをずらすのも良いかもしれません。

 

そのほかの交通手段としてバスがありますが、バスは乗車できるまでに並ぶ上、乗れた後も鮨詰め状態の上に渋滞の為進めず止まったままの時間を暫く過ごすことになりますので、

むしろ電車(これも通常より混みますが)や徒歩が確実です。

 

どうしても避けられない少しの混雑は、この時期ならではの醍醐味として楽しむように心がけていただけると、きっと見事な紅葉たちがあなたを労ってくれるはず!

 

まとめ

 

京都は本当に素敵な紅葉が見られる有名スポットなので、混雑する事も想定しておかなければなりませんし、むしろ、紅葉が見ごろの時期を絞って旅行や観光を計画するのであれば、そんな混雑も楽しめるくらいのゆとりや感情を持っていてほしいと思います。

 

それでも混雑が嫌だな~と思う方は、京都の穴場紅葉スポットも別記事で紹介していますので、参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました