登山用メンズレインウェアの選び方やおすすめのブランド

レインウェア 登山 メンズ 登山

登山用メンズレインウェアの選び方

 

普通、レインウェアはあると便利なグッズといった位置づけですが、登山の場合、レインウェアは便利グッズではなくマストアイテムであり、登山に適したレインウェアを選ぶ必要があります。

 

 

ジョギングやサイクリングに使うようなレインウェアではなく、登山専用のレインウェアが販売されてるには、もちろん理由があり、人間の「体温」を考えた使用になっているので、登山を楽しむ方々は、専用のレインウェアを購入しましょう。

 

今回は登山を始める男性の方へ、登山用のメンズレインウェアの選び方やお勧めのブランドなどをご紹介いたします。

 

 

登山用メンズレインウェアの選び方ポイント

 

登山用メンズレインウェアの選び方ポイント

 

登山と言っても、日帰り登山から山小屋宿泊、岩や沢を昇るハードなものまで様々ですが、レインウェアは登山靴、リュックとともに3種の神器とも言われており、どのような登山でもレインウェアは必須です。

 

「山の天気は変わりやすい」とよく言われる通り、天気予報が晴れでも、突然雨に降られることがよくあります。

 

雨で服が濡れると体が冷え風邪をひきやすくなってしまいますが、むしろそれで済めばいい方で、体力を消耗して歩くのが困難になることもあります。

 

例えば東京にある高尾山のような山なら、服装はスニーカーにいつものリュックでもOKですが、それでもレインウェアは、普段街で着ているようなものでは代用できません。

 

街着としてのレインウェアは「雨に濡れないこと」だけを目的に作られていますので、そのようなレインウェアで登山をすると、湿気でムレて汗をかいてしまい、その汗が蒸発する時に体温を奪いますので、体が冷えてしまいます。

 

体が冷えると体力が奪われ、ひどくなると低体温症になってしまい、命にもかかわることにもなります。

 

登山用のレインウェアで重要なのは

 

・防水性

・透湿性

 

防水性は雨を防ぐ性能、透湿性は体から発せられる汗や蒸気を外に逃がす性能であり、レインウェアにはこの2つを合わせ持つ素材を選びます。

 

最適な素材は「ゴアテックス」です。

 

次にスタイルですが、ポンチョやレインコートのような裾の長いスタイルは、木や岩に引っかかったり風でめくれてしまうこともありますので、上下セパレートタイプのレインウェアを選びます。

 

山の天気は変わりやすく、また標高が高くなる程気温が下がるため、暑い時にはレインウェアを脱ぎ、寒くなったり雨が降ってきたらレインウェアを着るということを何度も繰り返しますので、着脱のしやすいレインウェアを選びます。

 

 

人気でおすすめの登山用メンズレインウェアとブランド

 

人気でおすすめの登山用メンズレインウェアとブランド

<スポンサーリンク>

 

登山用で高機能、立体裁断を採用しているレインウェアは高額になりますが、初心者の場合はそこまで高機能のものは必要ないと思われます。

 

適度な機能を持っているものを実際に試着してみて、着脱のしやすさや着心地を確かめてから購入します。

 

レインジャケットはインナーの上から着用しますが、寒い場合はフリースやインナーダウンの上からも着用できるように、少し大きめのサイズが良いでしょう。

 

ジャケットの色は、黄色やオレンジなどの明るい色を選ぶと視界が悪い時でも仲間同士で確認がしやすく、また遭難した時にも発見されやすいです。

 

適度な機能性を持ち、比較的経済的で登山以外の釣りなどにも使用できる人気でお勧めのレインウェアブランドをご紹介します。

 

「モンベル レインダンサー」

モンベルは山を愛する創業者が山仲間とともに設立したアウドドア用品のメーカーで、ゴアテックスという素材を使用しているので、防水性・透湿性に優れていて、なおかつとても軽いです。

収納袋も付いているので、季節を問わずに携帯しておくと重宝します。

 

ジャケットサイズ:XS~XL

価格:16,800円(税抜き)

パンツサイズ:XS~XL

価格:11,500円(税抜き)

 

モンベルはレインダンサーシリーズ以外にもレインウェアを販売しており、少しずつ機能やデザインが異なりますので、試着して比べてみてください。

 

「ノースフェイス レインテックスプラズマ」

 

アウトドアブランドとして有名なノースフェイスですが、胸元から袖にかけての切り替えがカッコ良く、立体パターンで仕上げているので自然な動きがラクに出来ます。

上下セットのレインウェアなので、上下同じサイズで購入できる方向けです。

 

サイズ:S~XL

価格:49.680円(税込み)

 

「プロモンテ ゴアテックスレインスーツ」

 

アウトドア用品のブランドで、シンプルイズベストをポリシーとし、機能性を重視して作られています。

小雨の場合はフードを被らずにいて、本降りになってからフードを被ることもありますが、そうすると、フードに溜まった雨水が背中をつたって中に入ってしまうこともあります。

しかしこちらのデザインは特徴的な襟が付いているので、途中からフードを被っても雨水を外へ逃がすことが出来ます。

カラーは五色そろっており、サイズは3Lまで展開しているので、大柄の方も安心ですね。

 

サイズ:M~3L

価格:25,800円(税抜き)

 

 

登山用メンズレインウェアの価格の目安は?

 

登山用メンズレインウェアの価格の目安は?

 

登山用のレインウェアは安くて数千円から10万円くらいするものもありますが、安すぎると防水性や丈夫さなどの性能に不安がありますし、一方高価すぎるものは高機能すぎて使いこなせないこともあります。

 

ゴアテックスは高価なので、ジャケットやパンツの単品で2万円を切るのはかなりお手頃な価格と言えます。

 

それを考えると、「プロモンテ」はサイズバリエーションもカラーも豊富なのでかなりお買い得でオススメと言えそうです。

 

 

まとめ

 

登山用のレインウェアは登山のマストアイテムですが、防水性と透湿性に優れた「ゴアテックス」を使用しているレインウェアを選びましょう。

 

上下単品で2万円くらいが適切な価格帯ですが、必ず試着してみて、着脱がしやすいものを購入することが大切です。

 

山の変わりやすい天候や頂上に登るほど気温が下がることなど考慮し、体の温度調節を考え抜かれているレインウェアを選ぶように心がけて下さいね!

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました