登山用レディースレインウェアの選び方やおすすめのブランド

レインウェア 登山 レディース 登山

登山用レディースレインウェアの選び方

 

最近は気軽に登山を楽しむ女性も増え、「山ガール」という言葉も定着しました。

 

若い世代の女性から年配者に至るまで、幅広い年齢層の女性が山登りを楽しむのは、登山が普及して良い事ですが、しかし山登りには危険もつきものです。

 

特に山頂付近などは天候も変わりやすく、身につけなければいけない服装や装備をきちんと確認しましょう。

 

登山デビューには、防水性、透湿性、撥水性を備えたレインウェアが必須ですが、具体的にどのようなものを選べばよいのか、登山の基本の服装と合わせてご紹介します。

 

 

登山用レディースレインウェアの選び方のポイント

 

登山用レディースレインウェアの選び方のポイント

 

登山と言っても、小学生の時に遠足で登ったような低い山から、山小屋宿泊やテント泊をするものまで様々ですが、デビューには富士山を選ぶ人が多いかもしれませんね。

 

しかし山の天気は変わりやすく、天気予報が晴れでも突然雨が降ることもありますので、東京近郊の高尾山でも富士山でも、登山用のレインウェアは必須です。

 

また、標高が高くなるにつれて気温が下がりますが、レインウェアは防寒着としても使われますので、そういった意味でも必須アイテムなのです。

 

雨に濡れると体が冷え体力を消耗しますので、レインウェアは「防水性」が重要です。

 

また、人は汗をかいて水蒸気として放出することで体温調整をしますが、汗や水蒸気を逃がすことが出来ないと服が濡れてしまいます。

 

服が濡れ体が冷えると風邪をひきやすいだけでなく、ひどくなると低体温症という命にかかわる状態になってしまうこともありますので、汗や水蒸気を逃がす「透湿性」も重要になります。

 

もうひとつ重要なポイントが、雨つぶをコロコロと弾く「撥水性」で、これが乏しいと、じんわりと生地が濡れてしまい、インナーも濡れてしまいます。

 

「防水性」「透湿性」「撥水性」の3つの機能を合わせ持つのが「ゴアテックス」という素材で、高価なため各メーカーが他の素材の開発もしていますが、機能、丈夫さを考えると一番お勧めです。

 

 

人気でオススメの登山用のレインウェアとブランド

 

人気でオススメの登山用のレインウェアとブランド

 

立体裁断されていたり、高機能なレインウェアには5万円以上するものもありますが、あまり高機能でも使いこなせないので、適度な機能を持ったものを選びます。

 

ポンチョやレインコートタイプでは、ヒラヒラしてしまって木の枝や岩に引っかかってしまいますので、着脱のしやすいような上下セパレートのレインウェアを選びます。

 

具体的にオススメのレインウェアブランドをご紹介しますが、メーカーによって細かいサイズが異なりますので、試着してから購入しましょう。

 

 

「モンベル ストームクルーザー」

<スポンサーリンク>

 

モンベルはアウトドアウェアのメーカーで、レインウェアの素材にはゴアテックスを使用し、縫製箇所を減らして縫い目からの雨水の侵入を防いでいます。

ジャケットサイズ:XS~XL、色は6色

価格:19,500円(税抜き)

パンツサイズ:XS~XL、色は3色

価格:13,500円(税抜き)

モンベルはストームクルーザー以外にもレインウェアを販売していますので、試着して比較してみましょう。

 

「ノースフェイス」

ノースフェイスはアウトドアやスポーツウェアの有名ブランドですが、上下セットでこの価格はお手頃な上、収納袋も付いていて持ち運びもカンタンです。

上下セットサイズ:S~XL、色は3色

価格:42,120円(税込み)

 

「プロモンテ」

登山用品のブランド「プロモンテ」のレインウェアは国内生産にこだわっています。

また、襟が付いていて、風が吹き込むのを防ぎ雨水が背中に入りにくい構造になっています。

上下セットサイズ:S~XL、色は5色

価格:27,000円(税抜き)

使用した後は自宅の洗濯機で洗えるよう、素材をチェックして選びましょう。

また、専用の洗剤もありますので、撥水スプレーと一緒に購入すると良いです。

 

 

登山用レディースレインウェアの価格の目安は?

 

登山用レディースレインウェアの価格の目安は?

 

登山デビューするなら、服装もあわせて準備する必要があります。

 

山の天気は変わりやすく、日が照ると暑くなりますし休憩時は体を動かさないので寒くなりますので、着たり脱いだりして調整できるように重ね着をするのが基本です。

 

しかし登山デビューの場合は、あれもこれも一度に揃えるのは大変ですし、何も知らずに買ってしまうと失敗することも多いので、実際に登山をして、自分の感覚や周りの人の服装を参考に本格的なものを入手しても遅くはありません。

 

インナーは汗をかいてもすぐに乾く「速乾性」が重要なので、スポーツウェアに良く使われている化繊製品を選びますが、素材が化繊であれば手持ちのものやユニクロでもOKです。

 

紫外線を防ぎ、木の枝や岩でこすっても傷が出来ないように長袖を選び、その上に長袖Tシャツ+ウィンドブレーカーの組み合わせを基本スタイルとして、寒ければフリースやインナーダウンを着ます。

 

インナーは手持ちやユニクロでもいいですが、レインウェアは性能が落ちてしまうのでケチってはいけません。

 

レインウェアは上下で4万円くらいが相場ですが、性能とコスパを考えるとプロモンテがオススメと言えます。

 

レインウェアは単色使いでつまらないと思う女性もいるかもしれませんが、ハッキリした明るい色は他の登山者からも認識しやすいため、もしもの時にも発見されやすいようにという工夫がされているのです。

 

また、帽子は日差しから頭を守ってくれますし、雨が目に入るのを防いでくれますので便利ですから、機能重視ではつまらないと感じる方は、帽子でおしゃれをしましょう。

 

あごひものついたハットタイプなら、飛ばされにくく日差しも防ぎますので、ぜひおしゃれな帽子を探してみてください。

 

 

まとめ

 

登山の際、専用のレインウェアは必須アイテムですが、防水性、透湿性、撥水性を兼ね備えた素材、できたらゴアテックスを使用した物を選びましょう。

 

インナーは手持ちのものやユニクロでもOKですが、レインウェアは登山用のものを購入してください。

 

登山用のレインウェアは素材から専用に作られた物で金額もそれ相応にしますが、自身の身の保全を守るために作られていますから、登山をする女性は、必ず準備しておいて下さいね。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました