喪中におせちを食べるのはダメ?お雑煮や年越しそばは良いの?

喪中 おせち 食べる 年末年始

喪中におせちを食べるのはダメ?

 

日本はマナーやしきたりを重んじる国であり、数多くのマナーやしきたりがありますが、今回はその中の一つである喪中について注目していきます。

 

喪中では年賀状のやりとり、門松などのお正月飾りは一般的にタブーであるとされていますが、お正月の定番であるおせち料理についてはどうなのでしょう。

 

今回は喪中の場合、おせち料理を食べてもいいのかということについてまとめていきます。

 

<スポンサーリンク>

 

喪中の時期におせちを食べるのはご法度?

 

喪中の時期におせちを食べるのはご法度?

 

お正月に食べる料理と聞いてイメージするものは、多くの場合おせち料理になるのではないかなと思います。

 

年末に家族総出で作ったり、一方では購入したりと様々ですが(ちなみに、我が家は毎年スーパーで予約販売されるおせち料理を買っています)、お正月におせち料理を食べるというのは、日本の風物詩でもあります。

 

このように多くの人が食べていると思われるおせち料理は、喪中の時期(親族が亡くなってから13ヶ月)にはご法度であるのでしょうか。

 

おせち料理は新しい年を迎えたことの「お祝い」として食べられる料理であるため、喪中の時期は一般的に避けるべきであると言われていますが、同じく喪中の時期に避けるべきであると言われている年賀状のやりとりや門松、しめ縄などのお正月飾りとは違い、おせち料理は家庭内だけのものですので、家族で用意し家族で食べる分には問題ないのではという声もあります

 

お祝いとしておせち料理を食べるのではなく、食事として食べるようにするのであれば問題ないのではないかというのが今の喪中の時期の考え方のようですが、気になる場合は少しランクを落としたり、おせち料理に入れる料理を見直したりしてみてはいかがでしょう。

 

また、おせち料理は重箱に詰められていますが、それは重箱に「幸福が重なりますように」というお目出たい意味をこめているのが理由のようですので、喪中の時期には重箱を使用せずお皿におせち料理を盛り付けてみてはいかがでしょうか。

 

どのような食材を考えるべきであるのかは、また後程詳しく紹介していきます。

 

 

喪中の時期にお雑煮や年越しそばを食べても大丈夫?

 

喪中の時期にお雑煮や年越しそばを食べても大丈夫?

 

喪中の時期におせち料理を食べるということは一般的に避けるべきである、もし食べるのであれば食材や詰める重箱に気を付けるということをご紹介しましたが、ではお雑煮や年越しそばは喪中の時期にはどうなのでしょうか。

 

ここでは喪中の時期にお雑煮、年越しそばを食べるのはご法度であるのかどうかについてみていきます。

 

・喪中の時期にお雑煮はOK?

 

最初に、お正月に食べる定番の料理であるお雑煮についてです。

 

お雑煮はお餅を主な具材とし、お肉や野菜を一緒に入れ味噌または醤油で味付けして食べる日本の伝統料理です。

 

喪中の時期にお雑煮はOKであるのかですが、お雑煮もおせち料理のときと同様、お祝いとして食べるのであれば一般的には控えた方が良いと言われていますが、お祝いとしてではなく普通の食事として食べるのであれば問題ないようです。

 

家族間であればOKということのようなので、もし毎年近所の人にお雑煮を振舞っているのであれば、喪中の時期は控えた方がいいと言えるでしょう。

 

・年越しそば

 

続いて、12月31日の大晦日に縁起を担いで食べる、こちらも日本の風習である年越しそばについてです。

 

おせち料理やお雑煮は今の若い人はあまり食べないようですが、一方で老若男女を問わず食べられている年越しそばは、喪中の時期にはどうなのでしょうか。

 

実は、年越しそばはもともとお祝いの意味ではなく、長寿を願うため、また1年の厄を落とすために食べるものとなっているため、喪中の時期に食べても問題ないそうです。

 

しかし、年越しそばに豪勢にエビを入れるという人が居ますが、エビは一般的におめでたい意味で食べられる食材であるため、喪中の時期はエビを入れないで年越しそばを食べることをおすすめします。

 

・お餅

 

お正月に食べるものといえばみなさん忘れてないですか?そう、お餅です。

 

お餅の入ったお雑煮を喪中の時期に食べても問題ないということを先ほど紹介しましたが、このことからも分かるように、喪中の時期であってもお餅を食べることに問題はありません。

 

しかし、お餅の中にはおめでたい色である紅白の色をしたお餅があり、喪中の時期にはこの紅白のお餅は避けた方がいいと言えるでしょう。

 

なにも中に入っていない白いお餅やあんこの入ったおもち、きなこのおもちなどは食べても問題ありません。

 

喪中だから絶対に食べてはいけないということはありません。今回ここで紹介したことに気を付けながら、日本の風習の料理を食べていきましょう。

 

<スポンサーリンク>

喪中の時におせちの代わりになる食べ物って何?

 

喪中の時におせちの代わりになる食べ物って何?

 

喪中のときにおせち料理を食べるというのは、食材に気を付けたり、重箱に詰めるなどをしなければ問題ないと言うことを今回は紹介していきました。

 

この食材に気を付けるということ、そして代わりになる食べ物を紹介していきますので、喪中の方は参考にして下さい。

 

まずは、喪中のときにおせち料理には控えるべき食材について紹介していきます。

 

・エビ、鯛

 

エビや鯛はおめでたいときに食べられることの多い食材であるため、喪中のときのおせち料理には控えた方がいいでしょう。

とくに鯛は「めでたい」という意味で使われるため控えるようにして下さい。

ちなみにエビは「腰が曲がるまで長生き」という意味で用いられています。

 

・昆布巻き

 

昆布は「よろこぶ」というゴロ合わせで使用されるためおすすめしません。

 

・紅白なます

 

紅白という色はめでたいときに使用される色であるため、喪中のときには使用しないことが望ましいです。

また、紅白なますはお祝いを意味する紅白の水引を意味しています。喪中の時期に紅白の水引を送るようなことは控えるべきであると言われているため、喪中の時期のおせち料理には、紅白なますはふさわしくないと言えるでしょう。

同じような意味で紅白(正確には白とピンク)のかまぼこも喪中の時期のおせち料理にはふさわしくないと言えます。

 

このように、おせち料理には意味が込められた食材が使用されますので、めでたい意味で使われる食材であれば喪中の時期は控えた方がいいかもしれません。

 

喪中の代わりになる食材ですが、喪中のときにはおせち料理は用意せず、いつも通りの食事をするという人もいますが、一方で喪中であっても気にせずにおせち料理を食べるという人も少なくありません。

 

縁起の良いものは控えるべきというのが一般的ですが、逆に縁起の良いことがやってくるようにという願掛けであえて食べるという考えの方もおり、最終的にはしたいようにするのが良いのではと思います。

 

故人のことをいつまでも悲しむよりは、故人の思い出話をしながらおせち料理を食べていた方が故人も嬉しいのではないかと思いますが、マナーやしきたりを大切にしてあれこれ言う人が居るかもしれませんので、家族間だけにしておくことをおすすめします。

 

 

まとめ

 

今回は喪中の時期に食べるおせち料理について紹介していきましたが、いかがでしたか!?

 

喪中の時期はいろいろと気を付けなければなりませんが、あまり神経質になりすぎないようにすることも大切なのかなと思います。

 

しかし日本はマナーやしきたりを大切にする国でありますので、今回紹介したことを「一般的にはこのようにするのだ」と思っていただけるといいかなと思います。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました