お彼岸の由来ってなんだろう?お盆との違いも教えます

お彼岸 由来 お彼岸

お彼岸の由来とお盆との違い

 

日々の暮らしに追われていて、気が付いたら大人になっていた、ということって多いですよね。

 

でも自分は、子供のころに想像していた大人になっているでしょうか?

 

日本の行事はたくさんありますが、その中でも冠婚葬祭は特に大切ですよね。

 

大人の方は冠婚葬祭をスムーズにこなしているイメージですが、今大人になった自分は出来ているのかな?って思います。

 

例えばお墓参りにしても、お彼岸に行うものとお盆に行うものがありますが、違いを知っていますか?

 

今回は「お彼岸の由来」や「お彼岸とお盆の違い」について探っていきたいと思います。

 

 

お彼岸の由来は何?

 

お彼岸の由来は何?

 

もともと「彼岸」という言葉は、サンスクリット語の「波羅密多(はらみた)」を意訳した「到彼岸」という言葉が由来となっています。

 

「到彼岸」とは漢字のままの意味で、彼岸へ到達することです。

 

仏教では、煩悩に苦しむ現実のことを「此岸」といい、神仏のいる迷いのない世界を「彼岸」というため、修行によって迷いをなくし、此岸から渡り切った悟りの境地である彼岸へ到達することを勧めているのです。

 

彼岸は西方のはるか彼方にあり、極楽浄土であると考えられていたため、太陽が真東から登り真西に沈む春分の日と秋分の日は真西に沈む太陽を向いて礼拝し、極楽浄土に生まれ変わることを願いました。

 

もともとこのような考えは中国のほうでありましたが、日本に伝わって仏教と結びつき、現代のようにご先祖様を奉り、お墓参りを行う行事としてお彼岸となりました。

 

昼と夜の長さがほぼ同じになる春分の日と秋分の日は、この世である此岸とあの世である彼岸が最も通じやすくなると考えられているために、ご先祖様を供養するようになったそうです。

 

そのことから、この春分の日と秋分の日を中日とした計7日間を、お彼岸というようになりました。

 

春彼岸の期間は、春分の日を中心に前後3日間を合わせた期間です。

 

2018年ですと、春分の日が3月21日ですので、彼岸入りが3月18日で、彼岸明けが3月24日になります。

 

秋彼岸の期間は、秋分の日を中心に前後3日間を合わせた期間です。

 

2018年ですと、秋分の日が9月23日ですので、彼岸入りが9月20日、彼岸明けが9月26日になります。

 

毎年、春分の日と秋分の日は日にちが違いますので、調べてみてくださいね。

 

 

お彼岸とお盆は何が違うの?

 

お彼岸とお盆は何が違うの?

 

ここで違いがわからなくなりやすいものが、お彼岸とお盆だと思います。

 

両方のイメージとしては、お墓参りを行い、ご先祖様を供養する日、ですよね。

 

ですがやはり、お彼岸とお盆にも違いがあります。

 

お彼岸は一年の中であの世とこの世が一番近くなる期間とされており、こちらからご先祖様のもとに伺って供養する、というものです。

 

対してお盆は、ご先祖様自ら私たちのところに来てくださるので、お迎えして供養し、再び送り出す、という期間です。

 

お盆の正式名称は「盂蘭盆会」で、サンスクリット語の「ウラバンナ」という言葉からきています。

<スポンサーリンク>

 

これは、祖霊を迎いいれて祀る宗教行事を示しますので、お盆も元々はお彼岸と同じく、仏教の教えによるものです。

 

しかし、日本には古来から神道があり、新春と初秋の満月の日に祖霊を祀る風習がありました。

 

そのため、日本に伝来した時にはその風習が、初春のものがお正月に、初秋のものがお盆に変化したといわれています。

 

先述したように、お盆はご先祖様からこちらに来てくださるので、迎え、供養して送り出す、という一連の流れがあります。

 

ご先祖様を迎えるためにお盆飾りを準備することも大切な心がけです。

 

例えばお盆飾りのひとつには、精霊馬と呼ばれるものがあります。

 

これはキュウリとナスに割りばしやつまようじを刺して立て、ご先祖様の乗る馬や牛に見立てたものです。

 

キュウリとナスを使うのにはちゃんと意味があり、キュウリの馬は「脚の早い馬に乗って少しでも早くご先祖様がこちらに来れるように」、ナスの牛は「景色を眺めながらゆっくりとあちらに帰れますように」という、日本らしい想いがこもっています。

 

またお盆には、ご先祖様が迷わないように迎えられるよう、火を焚きます。

 

そして、送り出すときにも火を焚きますが、これを特に「送り火」といいます。

 

地域によりますが、灯篭流しも送り火のひとつとされています。

 

お盆の期間は、一般的に日本の7割が8月13~16日の4日間としています。

 

お彼岸もお盆もお墓参りに行きますが、お盆の場合は13日に行くのがいいとされています。

 

なぜなら、13日は盆の入り、迎え盆といいお盆の初日となるからです。

 

本来のお盆の意味を考えても、やはり初日にご先祖様を迎えに行きたいですよね。

 

ですが13日に行くのは難しいこともありますので、他の日にちでもいいのでお盆の間にはお墓参りを行いたいものです。

 

お盆について少し詳しくお伝えしましたが、これでお彼岸との違いをわかっていただけたかと思います。

 

 

お彼岸に準備しておく事とは?

 

お彼岸に準備しておく事とは?

 

大切な故人やご先祖様を供養するお彼岸ですが、やはり準備しておくことや物があります。

 

まず、お彼岸入りする前に仏壇や仏具をきれいにしておくこと、供花やお供え物を供えておくこと、お墓の掃除を行うことの3つが大事です。

 

そしてお供え物ですが、お彼岸は年に2回ありますので、春では牡丹の花をみたてたぼたもちを、秋は萩の花のようなおはぎを用意しましょう。

 

お墓参りの準備も必要ですよね。

 

線香、ろうそく、マッチ、お花やシキミ、お供え物、数珠、ほうきや雑巾などの掃除用具、ひしゃくなどを用意してください。

 

また、ご家庭や地域で違ってくることがありますが、彼岸会へ行って合同で行うこともあれば、ご自宅やお寺で個別に法要を行うこともあります。

 

この場合、お寺にお布施を用意する必要があります。

 

お布施の金額は、法要のやり方やお寺とのかかわり方で違ってきますので、ご親族やご家族に確認してくださいね。

 

お布施をお渡しする場合も、お経が終わりお帰りになる前までに小さなお盆に乗せて渡すか、袱紗の上に置いて渡すことがマナーになりますので、白い封筒などにお布施と書いてお金を入れ、準備しておきましょう。

 

 

まとめ

 

よく、子供のころから行なっているお彼岸とお盆の行事ですが、2つともそれぞれに別々の意味があり、やることも違っていました。

 

大まかにいうと、お彼岸はこちらからご先祖様や故人に会いにお墓参りに行き、想いをはせるもの。

 

それに対して、お盆はご先祖様が来てくださるので、お迎えして、供養し、送り出すものです。

 

そのため、準備する物も違ってきましたが、やはり大切なことは、ご先祖様を大切に思い供養することだと思います。

 

お彼岸もお盆も準備を前もって行い、ご先祖様や来てくださる親族の方に気を配りながらも、当日は少しゆったりとした気持ちで過ごしたいですね。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました