お彼岸のお布施の相場|渡し方や包み方のマナーも紹介

お彼岸 お布施 お彼岸

お彼岸のお布施の金額相場とマナー

 

子供のころや若いころは無関心でいられるけれども、結婚したり家族の中で年齢が上がったりすると、色々とやらなくてはいけないもの、判断しなくてはいけないものは増えてきますよね。

 

日本の昔からの行事は、特にそうだと思います。

 

子供のころは漠然と、お彼岸ではお墓参りをしてみんなでご飯食べる、というようなイメージが私にもありましたが、当たり前ですがお彼岸はそれだけではないですよね。

 

お布施のことにしても、金額のことも聞きづらく相談しにくいものですが、やはり大切なことですので間違いなく行いたいですね。

 

 

お彼岸のお布施の金額相場はどのくらい?目安は何?

 

お彼岸のお布施の金額相場はどのくらい?目安は何?

 

お彼岸は年に2回ありますよね。

 

春分の日と秋分の日をそれぞれ中日に、前後3日間を合わせた7日間のことで、全国で彼岸会の法要が行われます。

 

そして、地域や風習などで違いはありますがご親族で集まることも多い機会だと思います。

 

この時に、法要をお坊さんにお願いする場合はお布施の用意が必要になりますが、明確な金額の話というのはしにくいものですよね。

 

お店ではないのですから、いくらですか?と聞いて財布から出すようなことはできません。

 

そもそもお布施は仏教の習慣で供養への感謝のために行うものです。

 

ですので、お寺の方に一般的な金額を問うことがあっても「お気持ちで」と言われることが多いと思います。

 

ですが、やはり気になりますよね。

 

お布施は、自宅へお坊さんに来ていただいて法要を行う場合は、一般的に30000~50000円が相場のようです。

 

また、遠方から来ていただく場合は、別にお車代として5000円ほど包むこともあります

 

お寺で個別に行う場合も同様で、30000~50000円が相場とされていますが、お寺との関係により50000円以上包むこともあるようです。

 

合同で彼岸会を行う場合は3000~10000円が相場になってきますが、地域などで差が出ることもありますし、お寺にどこまでお世話になっているか等でも金額が変わってくるようです。

 

ですが個人が亡くなり、四十九日を過ぎて初めてのお彼岸の場合は、お彼岸法要と同じように30000~50000円のお布施が相場となってきます。

 

ちなみに、お墓参りや掃除だけの場合は特にお布施はいらないことが多いので、必ずしもお布施を用意しなくてはいけない、ということはありませんので安心してくださいね。

 

 

お彼岸のお布施の渡し方

 

お彼岸のお布施の渡し方

<スポンサーリンク>

 

そして気になるのが、どのようにお布施を渡せばいいのか、ですよね。

 

できればスムーズにさりげなく渡したいもの。

 

お布施の渡し方は、袱紗(ふくさ)から取り出しおぼんに乗せて渡す、というのがいいようです。

 

おぼんがなければ、袱紗(ふくさ)をお布施の下に敷いて渡すようにしてください。

 

お布施を渡すタイミングは、合同法要の場合はお寺の本堂の入り口あたりに受付がありますので、受付に渡しましょう。

 

受付がない場合は、法要が始まる前に僧侶の方にあいさつを兼ねてお渡しするのがいいと思います。

 

そのタイミングがない場合は、法要後のお礼のあいさつの時に渡します。

 

 

お彼岸のお布施の包み方やマナーについて

 

お彼岸のお布施の包み方やマナーについて

 

お布施の金額が決まり、渡すタイミングについて自分の中で段取りを行っても、やはりお布施の包み方やマナーも気になりますよね。

 

まず、お布施の包み方は2通りあります。

 

お札を半紙で包む方法か、中袋にいれて奉書紙で包む方法です。

 

あまり奉書紙といわれてもピンときませんよね。

 

この奉書紙は私たちの日常でも多く使われている紙で、障子紙や写経用紙、神道の祝詞用の紙などに使われています。

 

購入の仕方としては通販で頼むか、文具店でも取り扱っていますので手に入りやすいかと思いますが、なくても白い封筒で代用することもできます。

 

白い封筒の上の方に縦書きで「お布施」と記入をし、その下に依頼主の氏名を書き、裏面には下の方に縦書きでお布施の金額を書きます

 

その際、書くときは薄墨ではなく墨にしましょう。

 

本来薄墨は、「突然の訃報により、悲しみで墨に涙が混じってしまい薄くなってしまいました。」という意味合いもありますので、薄墨を使うのは葬式やお通夜の時だけです。

 

お布施には水引は不要とされていますが、一部地域で水引をつける場合がありますので、地域の方針や風習に従ってください。

 

また、お墓のあるお寺が遠方にありなかなか行くことができない場合は、郵送で受付けてくれることがあります。

 

その際には、事前にお寺に電話などで当日現地に行くことができないことや、お布施の郵送方法について相談してみてください。

 

最後にお彼岸での服装についてのマナーです。

 

お墓参りに行くだけでしたら、動きやすくお墓掃除のしやすい恰好で行くのが一番ですが、お寺の合同法要などに参加する場合は、喪服ではなくてもよいのですが、カジュアルな服装は避けて、黒や紺などの服装で行くことが無難です。

 

 

まとめ

 

普段は何気なく暮らしていても、自分や大切な人のご先祖様、お寺に感謝の気持ちを表すことができるのがお彼岸です。

 

日本の古くからの行事なだけあって、決まりごとがたくさんありました。

 

お布施の金額や渡し方などはとても大切なことですし、やはり大人としてきっちり知っておきたいことですよね。

 

普段目にする機会のない言葉や物なども多いようですが、一般のお店でも購入できるものばかりですので安心です。

 

大人のマナーとして、お彼岸に参加する意味や必要なことを理解して参加したいですよね。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました