沖縄の修学旅行で人気のお土産|お小遣いの相場や金額もチェック

沖縄 修学旅行 お土産 修学旅行

沖縄修学旅行でのお土産

 

沖縄への修学旅行で、餞別やお小遣いをくれた方々に、どんなお土産を買っていけば良いか悩みますよね。

 

沖縄へ行った友達や家族が周りにいなかったら、詳しいアドバイスも聞けないですし、インターネットで調べるしかないのですが、それでも情報が多くてどんなお土産を買えばよいか悩む生徒も多いと思います。

 

ここでは、沖縄の修学旅行で人気のお土産や、みんなが持ち歩くお小遣いの相場なども詳しく紹介していきます。

 

学生生活の最大のイベントである修学旅行をたくさん楽しめる様に参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク>

 

沖縄の修学旅行で人気のお土産 ベスト3

 

沖縄の修学旅行で人気のお土産 ベスト3

 

1、ちんすこう

 

琉球王朝の時代に、中国からの使者によって作り方が伝えられたもので、中国のお菓子と日本のお菓子の融合によりできた沖縄特有のお菓子が、ちんすこうです。

 

米粉を蒸してから砂糖とラードを加えて型に流し入れ、もう1度蒸し上げます。

 

これを釜で焼き上げたのが、現在のちんすこうです。

 

値段は、1箱(2個×10袋入り)で648円です。

 

 

2、紅イモタルト

 

紅イモのフィリングをタルト生地に包み込んであるお菓子で、全体的にしっとりとした口あたりです。

 

紫芋に、小麦粉、バター、砂糖、卵などを混ぜ合わせて、焼き上げてあります。

 

値段は、10個入っているものは1,080円です。

 

 

3、沖縄そば

 

沖縄県内の方言で「そば」は、「すば」とか「うちなーすば」とも呼ばれています。

 

そばといっても、そば粉は一切使われていません。

 

小麦粉に、かん水または薪を燃やして作った灰汁を加えて打ったもので、作り方は中華麺と同じです。

 

麺は一般的に太目で、和風だしを使用する事によって、その食感や味はラーメンよりも肉うどんによく似ています。

 

値段は、生沖縄そばソーキ2袋タイプで699円です。

 

 

 

 

沖縄の修学旅行におけるお小遣いの相場~高校生編

 

沖縄の修学旅行におけるお小遣いの相場~高校生編

 

「修学旅行のお小遣いはどれくらい渡さなければいけないのか」という話題がよく聞かれます。

 

ここでは、高校生が2泊3日の修学旅行に行くということで考えてみましょう

 

宿泊代と飛行機代は学校に払ってますし、空港までは学校が用意したバスや交通機関を使っていく事になると思いますので、お金を心配する必要はありません(学校によっては空港まで実費で各自で集合!というところもあるそうです)

 

自由時間に使うお金としては、昼食代や飲み物代、お菓子代、お土産代が必要になりますので、余裕をもって1万円は持っておきたいところです。

 

家族や友人等にお土産を買う場合は合計で1万円くらい必要になるようですので、おこづかいの合計金額は、少し余裕をもって2万5千円くらいが妥当だと考えられます。

 

「なくしてしまわないか心配だ」という気持ちがあるかと思いますので、トランクの中に入れておく金額と、持って歩く金額の2つに分けて持つようにしましょう。

 

<スポンサーリンク>

 

沖縄への修学旅行で食べておきたいグルメ ベスト3

 

沖縄への修学旅行で食べておきたいグルメ ベスト3

 

1、沖縄そば

 

沖縄そばは沖縄の定番料理ですが、お店によって味が違ったり具材が違ったり、バラエティに富んでいます。

 

手打ちそばはしっかりコシがあって、スープはあっさりなので何杯でも食べられますし、いろんなお店の沖縄そばを食べ歩きしたくなるものです。

 

2、タコライス

 

1980年に沖縄県金武町で生まれました。

 

1990年代に入ると、県内の学校給食に採用されることになり、そこから人気が出て一般的な料理になったといわれています。

 

お皿に盛ったご飯の上に、タコミートや千切りにしたチーズ、レタス、トマトなどを順番に乗せていき、混ぜて食べるスタイルが一般的です。

 

3、ステーキ

 

沖縄ではアメリカ文化が根付いているので、安くてボリュームのあるステーキを味わうことのできるお店が、あちらこちらにあります。

 

脂身が少なく、赤身が中心のヘルシーな肉が使われていることが多いです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

高等学校生活で最大のイベントである修学旅行を控えている皆さんにとって、今回は行き先が沖縄の場合の「お土産選び」やお小遣いの相場など紹介しました。

 

友達がたくさんいる中での修学旅行はただただ、楽しい思い出となってくると思いますが、最後に、国内の修学旅行先として人気の沖縄でおすすめのスポットを何点か紹介しておこうと思います。

 

最高の沖縄修学旅行にしてくださいね!

 

 

1、沖縄美ら海水族館

 

沖縄の海を再現しており、約740種、21,000匹もの海の生き物を展示しています。

 

まるでコバルトブルーの世界に潜り込んでしまったかのような体験をすることができます。

 

2、首里城公園

 

約450年間続いた琉球王国の中心地である首里城は、琉球王国の政治、外交、文化が華ひらいた場所です。

 

首里城正殿は、琉球王国で最大級の独特な木造建築で、二層三階建てで造られています。

 

その周辺には、奇跡的に戦火を逃れた約300mの歴史散策路である金城町の石畳や、伝統工芸色鮮やかな「紅型」の見学や体験をすることができる工房があります。

 

歴史に触れることのできるエリアです。

 

3、国際通り

 

沖縄の那覇のメインストリートで、歴史や文化等を色濃く残していながらも、いろいろな沖縄の魅力を代表する那覇の玄関となっています。

 

約1.6kmの道の両側には、沖縄のお菓子や泡盛、Tシャツなど何でも揃っています。

 

4、古宇利大橋

 

屋我地島と古宇利島を結ぶ、全長2kmの海上の橋です。

 

光の反射によっていろいろなグラデーションを映し出す海の眺めは、素晴らしいものであります。

 

催し物があるスペースや、歩いて渡ることのできる歩道もありますよ。

 

このように、いろんなところに出かけて、修学旅行を存分に楽しんでいただきたいと思います。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました