年末の大掃除って29日はダメ?縁起が悪いっていうけど何日なら良いのか

年末年始
年末の大掃除を29日に行う

大掃除に適した良い日

 

12月も師走に突入し、年末が近付いてくると「大掃除」をしなきゃな~って考えてしまいますよね。

 

大掃除って、結構面倒くさかったり、12月は何かと忙しいので年末ギリギリで切羽詰まりながら行う事が多いです。

 

私事ですが、昨年の年末の12月29日に大掃除をしよう!と思い、色々と準備をしたり、掃除グッズなど用意したのですが、当日の29日の朝に実家の母から電話がきて色々と話していると、母から「今日、大掃除?・・・29日はダメ!縁起が悪いんだよ」と言われて、いきなり出鼻をくじかれたことがありました。

 

ですから昨年は仕方なく1日ずらして、30日に我が家の大掃除を1日で行ったのですが、最近、近所の方々が話してたのを聞くと、「大掃除は29日はダメ!」「31日に大掃除をするのは縁起が悪い」なんていってる人もいて、一体、年末の大掃除はいつやればいいんですか??って疑問に思いました。

 

そこで、年末の大掃除はいつやれば良いのか?いつならダメなのか?徹底的に調べてみたいと思います!

 

<スポンサーリンク>

 

年末の大掃除を29日に行うのは縁起が悪いの?

 

年末の大掃除を29日に行うのは縁起が悪い?いつ掃除すれば良いの?

 

年末の大掃除を12月29日に行うのは縁起が悪いと言うのは本当なのでしょうか?

 

大掃除は1年間の家のホコリや汚れを落とすために、年末にやるからこそ意味があると思っていたので、29日や28日でもいつでも問題ないと考えていました。

 

11月や10月、ましてや月初めに行っても意味が無いような気がしましたし、やはりクリスマスが過ぎた26日以降に行うのが大掃除って感じなのですが。

 

そもそも、どこの家庭も29日や30日に大掃除を行うのが一般的なのでは?と思っていた私でしたが、どうやらそこそこの地域や風習で色々と「縁起担ぎ」や「日本人特有の風習」が関係してくるようです。

 

縁起の話の前に「大掃除」を理解しておきたいと思うのですが、大掃除は「1年の穢れ(けがれ)や厄を払う」という意味合いがあります。

 

ですから、大掃除を行う日も適した日や、適さない日があるという事です。

 

基本的に大掃除は何日かかっても「大晦日」までに終える事が大切です(まあ、大晦日越して大掃除してる方はいないと思いますが・・・汗)

 

まず、29日に大掃除をするのは縁起が悪いと呼ばれる所以は「9」がつく日だからだそうです。

 

9=苦しむ、苦しい  そういった意味合いがあるので、29日を避ける方もいると言う事です。

 

また、31日も大掃除には縁起が悪いと言われていますが、31日はお正月のお祭神様をお迎え入れようとする日にも当たるので、前日までの終わらせるのがマナーだそうです。

 

よく31日にお正月の飾りつけを行ってはいけないのは、「一夜飾り」などと呼ばれて、避けられていますよね。

 

昔は大晦日の夕方から1日が始まるとされており、だからこそ、31日の大掃除は縁起が悪いと言われる所以です。

 

大晦日の準備もあるので31日に大掃除をする方は見かけなくなりましたが、「4」や「9」などの数字がつく日を避けるのは、日本人らしい縁起の担ぎ方かもしれません。

 

私の周りでは、12月の14日であったり、19日、29日であったり、31日でも構わず大掃除を行ってる方がたくさんいます。

 

あとは自分の気持ち次第なのかもしれませんが・・・。

 

<スポンサーリンク>

 

年末の大掃除はいつ行えば良いのか?

 

年末の大掃除を29日に行うのは縁起が悪い?

 

年末の大掃除を行うに適した日というのが実はあります。

 

それは「12月13日」です。

 

12月13日は「物忌みが始まる日」とも言われており、神社やお寺などでもすす払いが行われている日でもあります。

 

「物忌み」(ものいみ)・・・聞いた事のない言葉かもしれませんが、意味としては「お正月に神様を自宅にお迎えするにあたり、身や心、家のホコリやススなどの汚れを綺麗にして清める行為」を意味します。

 

ですから、神社やお寺などでは12月13日にすす払いを行っているのです。

 

しかし、私達の様に一般家庭で13日から大掃除を行っている家があるか?と考えると、あまり聞いた事がありません。

 

あくまでも「大掃除に適した日」ですから、13日とかの早い日時ではやはり時間が取れなかったり、どうしても年末近くにって考えてしまいますよね。

 

しかも、24日、25日はクリスマスやイブがあるので大掃除には適さない日ですし・・・

 

ですから、基本的に大掃除を行うのに一番適した日が12月13日であったとしても、その日に出来ない方は、29日と31日を避けて行うと良いでしょう。

 

 

年末の大掃除を避けた方が良いと言われる日

 

大掃除を避けた方が良い日

 

年末の大掃除に適さない日、または避けた方が良いとされる日があります。

 

それが「12月29日」と「12月31日」です。

 

29日は「9」が「苦しみ」や「苦労」「苦しむ」を思わせてしまう数字であり、年末年始には避けられている数字であります。

 

29日=肉の日・・・などと言った焼肉屋さんには縁起深い語呂合わせでもあるのですが、こと正月関係となると嫌われてしまいます。

 

また、「12月31日」ですが、最初にも書いたように31日は昔から「夕方から神様を家に向かい入れる日」になるので、大掃除やお正月の飾りつけなどは行わない、事前に済ませておくようにすると良いです。

 

あくまでも日本人特有の「縁起」や「語呂合わせ」なども関係してきますが、日本人で生まれて育ってきた以上、気にする部分でもあるのかな?と考えてしまいます。

 

出来る事なら、29日や31日を避けて、大掃除やお正月の飾りつけを済ませておく方が安心でもありますね。

 

 

まとめ

 

大晦日や年末年始にかけては、どこの家庭も職場も非常に忙しい時期であります。

 

大掃除も可能な限り、誰もが早めに済ませておきたいと思っていますが、時間に余裕のある時を考えると、どうしても年の暮れになりがちですよね。

 

人によっては、いつ年末の大掃除をしても関係ない!と考えて、29日や31日など日時を気にせず行う方もいますが、出来る事なら良い日にちを選びたいと思うのも日本人の特質かもしれません。

 

日にちや縁起なんて関係ないよ~!と言う方も多いと思いますが、あくまでも参考にしながら、1年のホコリや汚れを綺麗にして、お祭神様を向かい入れる準備をしていきましょう!!

 

 

 

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました