おせちが高い理由|売れる訳や残ったおせちはどうなる?

おせち 値段 高い 年末年始

おせちが高い理由

 

おせち料理の値段って、なんであんなに高いのでしょうか?

 

高くて買うのもバカバカしいという感情にもなりますし、そんな高価な食べ物は必要ないとも思ってしまいますが、しかし本当は「1度でいいから有名店のおせち料理を食べてみたいと思っていたりします(汗)

 

自分で作るには手間がかかるし、量が多くなって余ってしまうのも嫌だし・・・と考えて作りませんが(本当は作り方も・・・わからないのですが(涙))売れ残ったおせちって、一体どうしているのだろう?安くならないのかな?なんてふと疑問に感じました。

 

そこで、今回はお正月のおせち料理がどうして高いのか?売れ残ったおせち料理ってどうなるのだろう?いつ買えばお得に購入できるのか?など徹底的に調べてみたいと思います!

 

<スポンサーリンク>

 

おせち料理の値段が高い理由

 

おせち料理の値段が高い理由

 

おせち料理の値段が高い理由はなんでしょうか?

 

作っているお店が有名店であったり、高級な食材を使っていたりというならまだ分かるのですが、デパートやコンビニで売られているおせち料理でも、予想以上に高い物もありますよね。

 

そこで、自分でおせちを作った場合のおおよその費用を算出してみました。

 

割と手軽なおせち料理として、栗きんとん、数の子、ぶりの照り焼き、伊達巻き、竹の子の土佐煮、海老のうま煮を対象とし、手作りもしくは出来合いのものを買った場合の費用を調べてみました。

 

黒豆煮(レトルト):300~5 ,000円

数の子:1,000~5,000円くらいと高額です。

昆布巻き:250~10,000円と、値段の差があります。

伊達巻き:450~6,000円

海老のうま煮:2,000~30,000円と、安い物でも、2000円以上はします。

重箱:5,000円

 

これらの料理を一番安い金額で揃えようと思っても10,000円近くかかってしまいますし、さらに品数や量が増えたら予算はどんどん膨らみますよね。

 

おせち料理を全部手作りしようと思うと意外に高額になりますので、デパートやコンビニで売られている量産品のおせちでも安くはない理由がわかります。

 

それに、料亭や有名店が作っていたり監修したりしているおせちであれば、料理人の技術料金(手間料金)やブランド料金、輸送コストなども加算されるのでさらに値段が高くなっていきます

 

最近では1人用、2~3人用、5~6人用など人数に応じた量を予約出来るところが多いので、購入する予算も出来る限り抑える事が出来ますが、それでもまだまだ割高な感じは否めませんよね。

 

<スポンサーリンク>

 

おせち料理が高くても売れる理由とは?

 

おせち料理が高くても売れる理由とは?

 

おせち料理をもし手作りするとなると、以下のような作業と時間が必要になります。

 

・昆布巻き
所要時間2時間という、時間も手間もかかる難関料理です。かんぴょう結びも難しく大変なので素人には手を出しにくいです。

 

・伊達巻き
フードプロセッサーでとろとろにした材料をオーブンで焼いて巻く、という時間も手間もかかるメニューです。

 

・ローストビーフ
最近は塩コショウを振るだけで後は電子レンジ等におまかせするなど、簡単なレシピもインターネットで検索すれば見つかりますが、おせち料理用として本格的に作るなら多数の調味料と長い調理時間がかかる、主役のご馳走でありながら難関なメニューです。

 

・黒豆
圧力鍋が必要で、また保存時に失敗するとシワシワになってしまうという簡単そうで奥が深いデリケートなメニューなので、初心者は失敗しがちです。

 

意外と時間と手間暇がかかるのがご理解いただけると思います。

 

多くの食材を用意して、時間と手間がかかるのを考えたら、少しくらい高くても良いからおせち料理は買って用意したい!と思う人がほとんどであり、購入の理由でもあります。

 

最近ではデパートやコンビニに行かなくてもインターネットで予約すると自宅まで届けてくれる便利さや手軽さも購入に拍車をかけています。

 

 

売れ残ったおせちはどうなるの?

 

売れ残ったおせちはどうなるの?

 

予約販売が主流の「おせち料理」ですが、それでもデパートや百貨店では当日販売などで様々な多くのおせち料理を店頭に並べています。

 

ところで売れ残ったおせち料理ってどうなるのだろうと思った事はありませんか?

 

・廃棄する?

・店員に分けたり買ってもらったりする?

・次の日にプライスダウンして販売する?

 

売れ残ったおせち料理の多くは「訳ありおせち」として価格を下げて店頭に並べられ販売されますが、おせち料理は賞味期限が短いので、売れ残った物はかなり安い価格で販売されることが多いです。

 

安全な売れ残りおせち料理を格安に入手するには12月の最終日が狙い目ですが、賞味期限が短いので、早めに食べきる事が大切です。

 

もちろん、それでも売れ残った場合は安全面から考慮して廃棄される事が多いです。

YouTube

 

 

まとめ

 

お正月のおせち料理の値段が高いのには、1つ1つの食材が年末になると高額になったり、料理を作るのに技術や手間暇がかかったりという理由がありました。

 

せっかくの正月くらい出来るだけ家族や親戚とでゆっくり過ごし、料理を休みたい主婦の方は、ちょっと高額であっても、加熱やひと手間加えずただ並べるだけでよいおせち料理を購入する傾向にあるようです。

 

今はインターネットで自分好みのお手軽おせちや、有名店とのコラボレーションおせちなど様々な商品がありますので、自分の好みに合ったおせちを注文する事も可能ですし、楽しみな部分があるのも理由でしょう。

 

ネットで予約注文して自宅に届く・・・なんて便利で良い時代でしょう!デパートやコンビニでも手軽におせち料理が買える時代なので、わざわざ作る人も少なくなったと思います。

 

もし格安でおせちを購入したいのであれば、「訳アリおせち」を探してみて下さい♪

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました