お歳暮のお返しにお礼状を書く場合のマナー|例文や書き方も紹介

お歳暮のお返しのお礼状の書き方 お歳暮

お歳暮のお返しとお礼状について

12月の暮れの時期になると、今年一年お世話になった方々へ感謝の気持ちを込めてお歳暮を贈りますよね。

 

何を送れば喜んでもらえるか、毎年考えながら品物を選ぶ方も多いのではないでしょうか。

 

「ありがとう!お歳暮届きました。」

「毎年家族で楽しみにしています。」

 

こんな風に言ってもらえると、贈る側も嬉しいですね。

 

でも、逆にお歳暮を戴いたときは、どのように対応したらいいでしょうか?

 

今回はお礼の仕方やお礼状についてまとめてみました。お礼状のマナーや、お礼状を書くときの例文も合わせてご紹介します。

 

<スポンサーリンク>

 

お歳暮のお返しにお礼状は必要か?

 

お歳暮のお返しにお礼状は必要か

 

 

お歳暮は一年の感謝の気持ちを込めて贈るものなので、お返し自体必要ではないと考えられています。

 

しかしながら、お歳暮を受け取った場合は、ありがたく頂戴し、すぐに電話で相手の方にお礼を伝えるのがマナーです。

 

かなり親しい間柄であれば、メールやラインでも構いませんが、やはり正式には「お礼状」という文書の形で気持ちを伝えるのがベストでしょう。

 

また、お付き合いの程度に応じてお返しをする場合は、お歳暮ではなく、少し時期をずらして「御年賀」もしくは「寒中御見舞」として贈り物をしてみてはいかがでしょうか。

 

<スポンサーリンク>

 

お歳暮のお礼状の書き方やマナー

 

お歳暮のお返しのお礼状の書き方

 

 

贈り物をした側は、品物が無事に相手先に届いたのか気にかけているかもしれません。

 

お歳暮を戴いたときは、できるだけ早くお礼状を投函するのがマナーでしょう。

 

2・3日以内がベストですが、遅くとも一週間以内には投函しましょう。

 

また、最近ではお礼状をハガキで出すケースも略式として見られますが、お相手が目上の方の場合はやはりハガキでは失礼にあたりますので、手紙(封書)の形で出すのが正式

 

そのときは「縦書き」で書くと、丁寧できちんとした印象をもってもらえますよ。

 

 

お歳暮のお礼状の例文

 

お歳暮のお礼状の例文

 

それではお歳暮のお礼状の例文をご紹介します。

 

まず時期の挨拶から入り、お歳暮を戴いたことへのお礼と、品物に対する肯定的な感想などを伝えます。

 

そのうえで自分や家族の近況と、お相手の体や状況を気遣う言葉を組み合わせるのが良いので参考にしてみてくださいね。

 

 

【文例1】

「師走を過ぎ、慌ただしくなってまいりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。このたびは、結構なお品を頂戴いたしまして大変ありがとうございます。

みなOOOが好きなので、家族でとても美味しく頂きました。

(~自分や家族の近況などを記す~)

寒い日がまだまだ続きますが、くれぐれもお風邪など召されませんようお体ご自愛下さい。

取り急ぎ書面にてお礼申し上げます。」

 

 

【文例2】

「年の瀬のころ、寒さもだんだんと厳しくなってまいりましたが、皆様にはますますご清祥のことと存じます。

このたびはお歳暮をお送り下さり、毎年のお心遣いに大変感謝しております。

OOOはこちらではなかなか手に入りにくい品なので、夫もとても喜んでおります。

(~自分や家族の近況などを記す~)

暮れに近づきお忙しいとは存じますが、くれぐれも体調にお気をつけ下さい。

略式になりましたが、まずはお礼まで。」

 

お歳暮のお礼状を書く注意点としては、「長々と口説く書かない」事でもあります。

 

いわゆる「世間話」的な内容は書かない様にして、あくまでも時期の挨拶→お歳暮のお礼→品物に対する肯定的な感想→自分や家族の近況と、お相手の体や状況を気遣う言葉を組み合わせる

 

これがベストな書き方です。

 

 

まとめ

 

お歳暮のお礼状の例文やマナー

 

今回はお礼状のマナーと例文についてご紹介しました。

 

お歳暮は年末の恒例行事ではありますが、大切な人に感謝の気持ちを伝える大切な習慣です。

 

贈る側も、戴いた側も、お互い気持ちよく交流できれば何よりですね。

 

お歳暮を戴いた場合は、感謝の気持ちがしっかりとお相手に伝わるように、お礼状を書いてみてはいかがでしょうか。

 

気持ちが込められた手書きのお礼状はきっと、今の時代でこそ喜ばれますよ。

 

 

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました