サンドイッチにはバスケットのお弁当箱がおすすめ!おしゃれで通気性も良し!

サンドイッチ お弁当箱 バスケット 入れ物

サンドイッチにはバスケットのお弁当箱がおすすめ

 

厳しかった冬が終わり、暖かい春になるとお弁当を持ってピクニックに行かれる方は多いかもしれません。

 

他にもお子様の運動会にお弁当を持って行くこともありますよね。

 

その時、メニューは何にしますか?

 

定番のおにぎり、唐揚げ、卵焼きもとてもおいしいし楽しいものですが、たまにはサンドイッチはいかがでしょうか?

 

サンドイッチって普段作らないから・・・と心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、工夫をすれば色とりどりでカラフルなお弁当になりますし、何より手でつかんで手軽に食べられます。

 

それに、バスケットのお弁当箱に詰めれば、通気性も良くおしゃれなのでおすすめです。

 

やはり、サンドイッチにはバスケット!ですよ。

 

サンドイッチにはバスケットのお弁当箱がおすすめ

 

サンドイッチにはバスケットのお弁当箱がおすすめ

 

テレビや映画などの影響かもしれませんが、ピクニックにはバスケットを持って行ってサンドイッチを食べる、という風景を思い浮かべることが簡単にできますよね。

 

そもそもバスケットとはどんなものでしょうか?

 

バスケット(Basket)とは籠の意味で、短冊状、またはひも状の素材を組み合わせて編み、運搬を目的とした容器のことをいいます。

 

素材はへぎ板、茎、蔓など色々ですが、ワイヤーや鯨ひげなどが使われることもあるそうです。

 

歴史もとても古く、人は紀元前からバスケットを使っていたといわれています。

 

今は色々な容器があり、その種類も豊富ですよね。

 

飾らない場合はタッパーに入れたり、デイリーに使っているお弁当箱や重箱なんかにもサンドイッチを入れたりするでしょう。

 

でも、昔からお弁当箱としてバスケットは使用されていたという歴史もありますし、機能性もあります。

 

それに見た目の素敵さも考えると、サンドイッチにはバスケットがピッタリなのではないでしょうか。

 

折角のおでかけでサンドイッチを食べるのですから、持って行くための容器一つで素敵さやおしゃれさを出すのも、センスの良さを見せる場所になりませんか?

 

サンドイッチのバスケットのお弁当箱でおしゃれなものはコレ!

 

サンドイッチのバスケットのお弁当箱でおしゃれなものはコレ!

 

「おしゃピク」という言葉をご存知でしょうか?

 

この頃テレビなんかで特集を組んでいることもあるので、知っている方も多いかもしれませんが、おしゃれなピクニックのことをそのまま略して「おしゃピク」というそうです。

<スポンサーリンク>

 

インスタグラムも流行っていますし、バスケットのお弁当箱を持って出かけたら「おしゃピク」になってインスタ映えも間違いなしです。

 

でも、バスケットのお弁当箱と一言にいってもいろいろありますよね。

 

素材には竹や蔓、プラスティック、金属なんかもありますし、抗菌性を重視したもの、竹皮で作られたもの、洗うときに楽なプラスティック製のバスケットなど、機能も様々です。

 

いろいろあって迷うところですが、やはりピクニックや用途のイメージを大切に選んでみてはよいのではないでしょうか?

 

個人的には蔓で編み込んだラウンド型のバスケットがおしゃれで自分の中のピクニックのイメージに合います。

 

また、人数にもよりますが、2段より3段のほうがよりおしゃれ感が出るような気がします。

 

ですが一番は、自分の感性で選ぶことが一番満足できると思いますので、好みのおしゃれなバスケットを探してみてくださいね。

 

サンドイッチを入れるお弁当箱は通気性が一番重視なの?ポイントは何?

 

サンドイッチを入れるお弁当箱は通気性が一番重視なの?ポイントは何?

 

サンドイッチを入れる容器は様々ありますが、そもそも、サンドイッチを保存するためには何を一番気にするのがいいのでしょうか?

 

まずは、サンドイッチだけにいえることではないですが、食品には衛生面が求められますので手洗いがとても大切です。

 

そして、ベーコンやウィンナーなど火を入れるものはしっかり火を通しましょう。

 

また具材にひどく水分が多い場合は、傷みやすいので注意が必要ですが、サンドイッチにはやはり彩りのきれいなトマトやキュウリなどの野菜は入れたいですよね。

 

そこで、このような水分の多いものを入れる場合は、サンドイッチのパンにバターやマヨネーズなどの油成分の多いものをまんべんなく塗りましょう。

 

そうすることによって野菜の水分がパンに染み込みにくくなり、傷みにくいおいしいサンドイッチになります。

 

容器については、バスケット型のお弁当箱は他のものより通気性がいいものが多く、ひどく湿気ることを防いでくれますので、パン系のサンドイッチを入れるにはぴったりです。

 

ただ、できあがったサンドイッチをそのまま外気に長時間触れ続けると、ぱさぱさに乾燥してしまいます。

 

作ってすぐに食べる場合を除き、保存する場合はできればサンドイッチを作った時にラップに包んでからバスケットに入れると、形も崩れませんし、ぱさぱさにならないのでおすすめです。

 

長時間保存が必要な場合は、保冷剤や保冷バックなどを使用することもとてもいいことだと思いますよ。

 

まとめ

 

サンドイッチをバスケットのお弁当箱に入れてピクニックへ!というのはたぶんみんなが憧れることの一つだと思います。

 

この頃流行っているインスタグラムでは、春先にバスケットに入れたサンドイッチの写真などを見ることも多く、おしゃれだなぁと思うこともしばしばあります。

 

ピクニックに行くチャンスがあれば、ぜひ、バスケットのお弁当箱にサンドイッチを詰めて行ってみてはいかがでしょうか。

 

そしてサンドイッチのお弁当箱だけでなく、運搬容器もバスケットにしてみると、かわいくて一層おしゃれになるので、ピクニックに行くときにもっと楽しくわくわくしませんか?

 

素敵な写真と思い出をいっぱい作って、人生楽しみたいですね。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました