七五三のお祝い返しの相場は?知れば安心!お返しのタイミングとマナーも

七五三 お祝い返し 相場 七五三

七五三のお祝い返しの相場は?

 

七五三をはじめとして、子供が成長していくとお祝い事が多くなっていきますが、それに伴う悩みが「お祝い金」関連ではないでしょうか。

 

お祝い金をいただいたらお返しをするべきなのか?する場合はどのくらいなのか?いつまでにしたらいいのか?など、迷ってしまうポイントが多くあります。

 

基本的には、子供の成長祝い(七五三、初節句、入園、入学など)にはお返しは不要なものですが、頂いておいて何もお返ししないのは・・・ということで、内祝いとしてお返しをする人も増えているようです。

 

そこで、今回は、この「七五三のお祝い返し」に関して、説明していきたいと思います。

 

 

七五三のお祝い返しの相場はどれくらい?

 

七五三のお祝い返しの相場はどれくらい?

 

頂いた金額に対してどのくらいのお返しをすればいいのか?という疑問についてですが、七五三のお返しの相場は、頂いた金額の3割~半額程度の範囲内で、お返しする側も受け取る側も「負担を感じない」範囲で行うことが重要となります。

 

定番のお返しは、千歳飴や、お赤飯・菓子折りなどになりますが、勿論ご自身で選んだものを送っても問題ありません。

 

千歳飴は、お参りの際に子供が持つものですが、それとは別に、「お返し用」ののし袋に入った物も販売されています。

 

のしを付ける場合は、上段に「内祝い」下段に子供の名前のみ(苗字は不要)を書き、水引は紅白の蝶結びになります。

 

極端に高額な「お祝い」を頂いた場合、「千歳飴」では安価すぎはしないだろうか?と思う方もいらっしゃると思いますが、そういった場合はお菓子や日用品、また最近では、カタログギフトなどもお返しとして重宝されているようです。

 

先方に「甘いものが苦手」「日用品はストックが沢山」など、一般的なお祝いを敬遠してしまうような事情がある場合に重宝されるのがカタログギフトで、先方が好きなものを選べるため喜ばれます。

 

「お返し」になにを選ぶかは、臨機応変に対応するようにし、状況によっては祖父母、親戚、近所・知り合いなどと区別してもいいかもしれません。

 

 

七五三のお祝い返しのベストなタイミングは?

 

七五三のお祝い返しのベストなタイミングは? 

<スポンサーリンク>

 

せっかくお返しの品を準備しても、「タイミングをのがして、渡すことができなかった。」「時期がずれてしまった。」では、せっかくの感謝の気持ちも伝わりません。

 

他のお祝い事でお祝い金を頂いた際にも言えることですが、基本は「なるべく早く」、具体的にはお祝いを頂いてから1~2週間以内、もしくは七五三の当日から1~2週間以内には贈りましょう。

 

もし、その期間でお返しする事ができない場合、少なくともお祝いを頂いてから1ヶ月以内にはお返しをすることが必要で、それ以降に贈るのはマナー的にもよろしくないと思います。

 

 

七五三のお祝い返しのマナーについて

 

七五三のお祝い返しのマナーについて 

 

子供の成長祝いのお祝いには「お返し不要」というのが基本的なスタンスになりますが、気持ち的に、お返しをしたほうが・・と思われるのが、人というものだと思います。

 

そして、当然のようにお祝い返しには、マナーが存在しますのでここでご紹介します。

 

① お返しはお互いが負担を感じない範囲で。ちなみに、頂いた金額以上の値段の物でお返しをすることは、「お祝いをもらって迷惑」という意味となります。頂いた感謝の気持ちとしてお返しをしたのに、全く正反対の意味合いに先方さんに受け取られては大変です。ですので、頂いた金額の3割~半額程度と心がけて下さい。

 

②お返しのタイミングには気をつけるようにしましょう。

 

③兄弟・姉妹が一緒に七五三をお祝いしてそれぞれにお祝い金をもらった場合ですが、兄弟それぞれにお祝いを頂いた場合には、お返しも別々に贈ったほうがいいです。1つの箱で贈るのもいいですが、中身は別々になっているように個々に包装しておくのがベストです。

 

④お返しとして「陶器類」と「はさみ・包丁・ナイフなど」は避けるべき商品です。「陶器類」は、割れる・壊れるという意味につながる為、「はさみ・包丁・ナイフ」などは、縁が切れるという意味があるためです。自分自身で商品を選んで贈る場合は注意してください。

 

 

まとめ

 

子供の成長祝いには「お返し不要」というのを初めて知りましたし、遠い昔ですが、自分が七五三をやった時、どうだったのだろう?と少し考えてしまいました。

 

何度も書くようですが、基本的にはお返しが不要なものです。あまりに固く考えることなく、悩まないほうがいいですね。

 

お返しする場合も、単純に「高価な品物」であればいいという気持ちで選ぶのではなく、お祝いをしてくださった方々に感謝の気持ちが伝わるものを選んでください。

 

また、ごくまれではありますが、先方さんがお返しを受け取ってくれないケースもあるようですが、そんな時は無理強いせずに、お礼の手紙に七五三の時の写真を添えて送るという形で、お祝いのお返しに代えるといいです。

 

お祝いなのですから、あまり深く悩まず、皆が嬉しい気持ちになれればいいと思います。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました