年越しそばの由来や意味|食べる時間帯やタイミングはいつ?

年越しそば 由来 年末年始

年越しそばの由来や意味

 

毎年12月31日になると、「今年も一年終わりだね」「一年間お疲れさま」という雰囲気になりますが、同様に「年越しそば」も12月31日、大晦日にみなさん食べられている事と思います。

 

さて、大晦日には年越しそばを食べるものであると習慣のようになっていますが、本当に「年越し」で食べなくてはいけないものなのか、なぜ食べるのはそばなのか、など疑問に思ったことはないでしょうか?

 

今回は年越しそばに関する疑問を解消すべく、由来や食べるタイミングなどを紹介していきたいと思います。

 

<スポンサーリンク>

 

年越しそばの由来や意味

 

年越しそばの由来や意味

 

年越しそばの由来に関しては諸説あるようですが、江戸時代には定着していた日本の風習のようです。

 

 

年越しそばの由来

 

1814年の「大阪繁花風土記」のなかに

十二月三十一日晦日そばとて、皆々そば切をくろふ。当月節分、年越蕎麦として食す

との記述があることから、遅くとも1814年には大阪で年越しそばが文化として定着していたと考えられます。

 

そもそも江戸時代には、年越しそばと言ったら節分に食べるそばの事を指していたようですが、節分に年越しそば??と思ってしまいますよね。

 

これは、「立春から新年が始まる」という当時の考え方からきており、立春を新年と考えると、その前日である節分の日=年越しの日となるわけで、これを知ると、節分に年越しそばというのが納得できます。

 

さらには、晦日そばといって毎月月末にそばを食べるという風習もあったようですが、新暦になると、毎月末日を晦日とは言わなくなり、十二月三十一日だけを大晦日というようになっていきました。

 

これがきっかけで晦日そばの風習がなくなっていき、残ったのが十二月三十一日にそばを食べる風習で、この日が元旦前日であることから「年越しそば」になったのではないかという憶測が成り立ちます。

 

そばを食べる意味

 

なぜそばなのか?という点に関しても諸説存在するようですが、そばの形状や特徴が大きく関わっているのではないかと個人的には思いました。

 

・健康、長寿祈願・・・そばの麺が細く長い形状であることから、長生きを願って食べるとされています。

 

・一年の厄を断ち切る・・・そばが他の麺類と比べて長くて切れやすいという特性から、これにかけて「一年の厄を断ち切る」という意味合いを持たせて、大晦日に食します。

 

・金運UP・・・江戸時代、金箔を取り扱う職人達は、散らばった金を集める際にそばで作った団子に金をくっつけて集めていたことから、金運UP、お金が貯まるという意味合いをこめているようです。

 

<スポンサーリンク>

 

年越しそばはいつ食べる?タイミングを教えて!

 

年越しそばはいつ食べる?タイミングを教えて!

 

個人的には年末も仕事があるため年を越しながらそばを食べることはできないのですが、はたしてどの時間帯に食べるのが正しい食べ方なのでしょうか?

 

一般的には年越しの0時に向けて、大晦日の23時半あたりから食べることが多いようですが、食べる時間に特に決まりはないそうで、個人的には少し安心しました。

 

ただ、年を越してしまう前にそばを食べきらなくては、新年は金運・健康運に恵まれなくなると言われていますので、「除夜の鐘」を聞き、年を越しながらそばを食べるのはNGだという点には気をつけなくてはなりません。

 

十二月三十一日中に「年越しそば」を食べて、新年を迎える際は、ゆっくりとくつろぎながら・・・がいいかと思います。

 

 

年越しそばの食べ方

 

年越しそばの食べ方

 

最後に食べ方ですがこれも決まりはなく、縁起物ではありますが、温かいそばでも冷たいそばでも問題はないです。

 

上に乗せるトッピングも人それぞれの好みで良く、代表的なトッピングとしましては「ネギ」と「エビ」がありますが、

ネギ・・・今年一年間をねぎらうということを掛けて

エビ・・・腰が曲がるまで、長生きできるように

と、どちらも願掛け的要素が入っているようです。

 

しかし先にも述べたとおり、トッピングに決まりはありませんので、自分の好きなもの、食べたいものを乗せていいと思います。

 

 

まとめ

 

年越しそばの由来、そばを食べる理由など、お分かりいただけたでしょうか?

 

ここで「年越しそば」に関することをもう少し記載したいと思います。

 

・年越しそばの食べ残しは厳禁・・・「そばを食べる意味」の項目で、金を集めるのに使っていたそば団子について書かせていただきましたが、このことから、そばを残すと金運が逃げると言われています。

 

・大晦日に食べない地域もある・・・地方によってはその地方ごとの独自の風習もあるようです。例を挙げておきますと、

① 新潟県・・・年明け小正月の前日(一月十四日)に食べる十四日(じゅうよっか)そばや、元旦に食べる風習もある。

② 福島県・会津地方・・・大晦日ではなく、元旦にそばを食べることがある。

 

こうしてみますと、色々な由来や意味などがあり、また大晦日のどのタイミングで食べても 良いと言うのは、個人的にもありがたいですし、同じような方々もいらっしゃると思いますから、良い勉強になりました。

 

大晦日の日に「年越しそば」を食べきってしまうということが一番大切な部分ですが、地域によってはそうでないところもあるようですので、参考程度にでも覚えていていただければと思います。

<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました