忘年会の時期はいつ頃?

 

今年も忘年会の季節が近づいてきましたね。

 

忘年会の時期を見計らって、幹事さんはお店の予約を入れたり余興を考えたり、色々と大変ですが、忘年会を行うに適した時期っていつ頃なのでしょうか?

 

また、幹事さんがお店に予約を入れるベストな時期やタイミングっていつなのか悩みますよね。

 

そこで、今年の忘年会幹事の皆様に、忘年会の時期と予約を行うベストな日をご紹介致しますので、ぜひ素敵な時間をプレゼントして差し上げてくださいね。

 

<スポンサーリンク>

 

会社などの忘年会はいつ頃行われているか

 

会社などの忘年会はいつ頃行われているか

 

近頃の忘年会は、11月から年末にかけて行われています。

 

Wikipediaによると忘年会とは日本固有の文化であり、英語ではそのまま“Bounenkai”と訳されることもあるもので、起源ははっきりとはしていませんが、最古のものとしては室町時代に伏見宮貞成親王が『看聞日記』に記した1430年(永享2年)12月21日に催された歌詠みの会における“としわすれ”の行事が挙げられます。

 

お酒を飲み踊るという会はこの頃には既に存在していて、江戸時代には身分の高い人達の間で行われる“憂さ晴らし”的な行事へと発展していたようで、江戸の社会でストイックなイメージのお侍さんですが、結構なストレスを溜めていらっしゃったのでしょうね…(笑)

 

江戸時代における身分社会が崩壊して、自由な風が吹いた明治時代には“無礼講”という言葉も生まれ、いよいよ忘年会は日本文化に定着しました。

 

(ちなみに“無礼講”…、調子に乗り過ぎて会社に居辛くなったというような話はチョイチョイ耳に挟むよくある失敗談なので、羽目をはずしすぎないようくれぐれも注意してください、と申し上げたいところです…(苦笑))

 

このように、古代においても忘年会は12月末の行事であるうえ、そもそも忘年会とは“としわすれ”の意味のある行事ですから、一年間をやりきった気分を味わう為にも、やはりベストな忘年会時期は12月の中頃以降かと思われます。

 

お酒を飲むものと考えて、土日が仕事休みの方は金曜日が望ましい…しかし、あまりに年末ギリギリの日では参加者が減ってしまう…とすると、2018年の忘年会は12月14日、21日辺りが狙い目です!

 

余裕をもって11月に行うのも、繁忙期を避けられるうえお店が選びやすくて良いかもしれませんが、早過ぎては少し物足りませんから、せめて月末以降に行われることをお勧めします。

 

 

忘年会の予約はいつごろすれば良い?

 

忘年会の予約はいつごろすれば良い? 

 

忘年会の日の最低1カ月前、人気のお店を狙うなら2カ月前、つまり10月には既に動き始めている方が安全、ということになります。

 

貸切できるお店やホテルなどで行いたい場合も、早目の予約が良さそうです。

 

お店選びは幹事さんのとっても重要な役目ですが、参加される方の全ての年齢層の方が楽しめるためには、和食洋食双方を兼ねた色々な料理が出る「和洋折衷」が失敗無さそうです。

 

店員さんが全て用意してくれるコース料理であれば、ビールやお酒を注ぐ位は仕事がありますが、ゆっくり食事を楽しみ自分自身も労えるのでなおよいでしょう。

 

上司や先輩方になるべく気を遣わず、全ての参加者がリラックスして楽しめる心遣いをされると喜ばれるかと思います。

 

お店を予約する際にはキャンセル料も確認して、参加者に事前にお伝えしておけば困りませんし、できれば急なキャンセルにも良心的なお店を見つけられれば、心配もなく助かりますね。

 

<スポンサーリンク>

 

忘年会の予約時における忘れてはいけない注意事項

 

忘年会の予約時における忘れてはいけない注意事項

 

上司のスケジュールをまずは優先しましょう。(これ、絶対に忘れてはいけません!たかが忘年会、されど忘年会…上司の機嫌を損ねては後々大変ですから…。)

 

次に、仕事関係での外部の方などを招く場合にはそちらのスケジュールを伺い、優先して考えた上で日程希望のアンケートを集めますが、いくつか候補になる日を挙げてお店の仮予約をし、その候補日の中から希望日を選んで貰う方法が最も効率的で良いかと思います。

 

候補日は、12月末になると各々ご家庭の用で忙しくなること、それからクリスマスやクリスマスイブは恋人達のお邪魔になってしまうことも考慮して選びましょう。

 

予約時には、予約日と合わせて、参加人数も伝えなければなりませんが、この時には参加確定でない人も合わせて、予想される最大の人数を伝えておきましょう。

 

そのうえで、最終的に確定した参加人数は何日前までに伝えるべきか、人数確定後のキャンセル料金はいくら掛かるかも、予約時に必ず確認しておきましょう。

 

直前のキャンセルはお店にとって大きな損になりますから、当日のキャンセルに備えて最終確定人数は実際よりも2~3名少なく伝えておいて、もしキャンセルがなかった場合は後から追加でお願いする、という方法もあります。

 

2~3人であれば人数を追加する方がお店にとって親切という場合が多いようですが、追加の受け入れが可能かどうかも、事前に聞いておけば良いかもしれません。

 

 

まとめ

 

忘年会の時期と予約についてご紹介しました。

 

忘年会の幹事さんを任されるあなたは、きっと日本のおもてなしの心を感じさせ、周囲から頼りにされる素敵な方なのだろうなと思います。

 

いやいやそんなことは…、と否定して言われるかもしれませんが、ではこの機会にぜひ、“できる幹事さん”の姿を見せつけてやりましょう!

 

日取りと予約の大仕事、頑張ってくださいね。

<スポンサーリンク>